WE2020 ML17年目【2035-36】「#107 欧州各国リーグ結果」

スポンサーリンク
WE2020ML17年目
スポンサーリンク


ML17年目の欧州各国リーグ結果です。

リーガエスパニョーラ順位表

レアルが独走優勝を飾った。総得点&総失点数が共にリーグ随一の数字を残した今シーズンは、33勝を挙げ勝点は脅威の「103」、負けは僅かに1敗だ。宿敵バルサでさえも霞むような破壊力は欧州屈指と言えるだろう。

セリエA順位表

セリエでもユーヴェが独走優勝だ。リーグ3連覇を飾った今季は2位に20Pもの差を付ける凄まじい強さを見せた。そしてそれ以上に気になるのは”BIG3”の一角インテルが13位フィニッシュ。やはりメッシ一人ではどうにもならないと言う事だろう。

ブンデスリーガ順位表

ドルトムントが5年ぶりの優勝を果たした。CLを制したバイエルンだったが、リーグでは優勝へ一歩届かず。

リーグアン順位表

遂にリーグ連覇を「17」まで伸した”絶対王者”PSG。ML開始以降、一度たりとも王者の座を明け渡すことなく君臨し続けてきた。ネイマールが去り、カバーニが去り、ムバッペが晩年を迎えてもこの強さだ。”もし”リーグアンで指揮を執るなら古豪リヨン辺りで挑戦してみたい。

エールディヴィジ順位表

オランダ3強と呼ばれるチームが優勝したのは5シーズン前のフェイエが最後。今季はAZが初優勝を飾った。そんな中復調の兆しを見せたのはかつての王者アヤックスだ。エイティングがアシスト王のタイトルを獲りチームは久方ぶりに3位でフィニッシュ。オランダはアヤックスが強くなくてはやはり面白味が半減する。

リーガNOS順位表

ポルトが王座奪還。昨季は8シーズンぶりにベンフィカがリーグ優勝を果たしたが、直ぐさまポルトが奪い返した。どうしたスポルティングCP。


ジュピラープロリーグ順位表

クラブ・ブルッヘが3連覇達成。これまでベルギーリーグでは多くのクラブが優勝しており、連覇が難しいリーグの一つであった。しかしここに来てブルッヘが黄金時代を築き上げようとしている。また、アシスト王に輝いたデ・サルトはペルージャ時代にレンタルで獲得した選手だ。やはりポテンシャルは光るものがあったようだ。

3Fスーペルリーガ順位表

PSGに次ぐ連覇記録を持つコペンハーゲンが遂に11連覇を成し遂げた。ペルージャを解任されてから就任したクラブだが、まさかここまで強く成長するとは思いもしなかった。現主力選手が衰退するまではもう暫く”1強”時代は続くだろう。

ライファイゼン・スーパーリーグ順位表

バーゼルが6季ぶりにリーグ優勝を成し遂げた。しかし注目は最下位ザマックスからヌッツォーロが得点王に輝いた事だ。ザマックスと言えば優勝回数2回を誇るリーグ3番手のチーム。最近では常に優勝争いを演じてきただけに、今季の最下位と言う順位に驚きを隠せない。得点数だけ見れば4位タイなのだが、失点数が下から2番目。つくづく思います、守備って大事。

スコティッシュ・プレミアシップ順位表

宿敵セルティックを抑えレンジャーズがリーグ連覇達成。直近5シーズンで3度の優勝回数を誇る好調なクラブの一つだ。これからはセルティック同様に欧州の舞台での結果が求められる。

ロシアン・プレミアリーグ順位表

ゼニトの無双状態に歯止めをかけたのがクラスノダル。7季ぶり3度目のチャンピオンに輝いた。MVPは個人的に好きな選手のマヌエウ・フェルナンデス。

スポル・トト・スュペル・リグ順位表

昨季は初優勝を飾ったベシクタシュだったが連覇とはいかず、再びフェネルバフチェに王座を明け渡してしまう。2位以下との差が今のリーグのパワーバランスなのかも知れない。

 

NEXT「2019-36」

 

お気に入りの組み合わせを見つけよう

文字盤モデルとストラップを選んでカートに入れると、自動で最大20%OFFに。全てのセットは、FSC認定のある環境配慮された素材のギフトボックスでお届けしています。自分だけの組み合わせをカスタマイズしてお買い物を楽しみませんか。

カスタマイズセットはこちら

HP Flipblock Bundle.jpg

コメント