WE2021 ML5年目【2024-25】「#33 欧州各国リーグ結果」

スポンサーリンク
WE2021ML5年目
スポンサーリンク


リーガエスパニョーラ順位表

メッシが引退した翌シーズンはアトレティコが初優勝を飾りました。”王様”メッシ不在のバルセロナはリーグ戦でこそ優勝を逃すも、CL連覇を成し遂げクラブの威厳を保ったと言えます。来季、果たして転生したメッシはどこに入団するのでしょうか・・・。

セリエA順位表

絶対王者ユヴェントスが昨季は覇権を取り戻したかに見えましたが、今季のスクデットはインテルの手に渡りました。ユヴェントスとの凄まじいスクデット争いを制したインテルは黄金期を築けるでしょうか。MVPには優勝チーム以外からの選出という珍しい現象が起きました。

ブンデスリーガ順位表

「打倒バイエルンは不可能」そう思わざるを得ない強さで今季も優勝しました。エース・レヴァンドフスキは徐々に衰えていくなか、サネ、コマン、ニャブリなど次世代が豊富に揃うバイエルン。来季も死角はなさそうです。

リーグアン順位表

昨季王者リヨンも最後まで食らいつきましたが、他の追随を許さずPSGが王者に返り咲きました。PSG、リヨン、モナコの3チームが今後も優勝争いを繰り広げていきそうです。

エールディヴィジ順位表

アヤックスがリーグ5連覇達成です。国内では無類の強さを見せますが、欧州では結果を残せていません。来季はCLでの結果が求められます。

リーガNOS順位表

ベンフィカが4度目のリーグ優勝を決め、「1強」を色濃くさせています。宿敵ポルトは2位を守るも優勝争いまでは遠く及ばず、スポルティングCPに至っては3位も守れずにいます。パワーバランスが徐々に崩れていく中、王者を倒す新興勢力は現われるのでしょうか。

ジュピラープロリーグ順位表

アンデルレヒトが3年ぶり3度目の優勝を決めました。毎シーズン、日本人が多く所属しているシントトロイデンの順位は気にして見ているのですが、今季は17位とかなり低迷しちゃってます・・・。現実世界では鈴木優磨が得点量産してますよね。MLでも得点数は伸びているのだろうか?と言うかまだシントトロイデンにいるのだろうか…。

3Fスーペルリーガ順位表

コペンハーゲンが3年ぶり3度目の優勝を決めました。

ライファイゼン・スーパーリーグ順位表

名門バーゼルがリーグ4連覇です。中でも注目選手がMVPのアルトゥール・カブラウです。3年連続MVPで2度の得点王にも輝いています。ML5年目で27~28歳となり全盛期に差掛かるこの選手を本格リサーチを考えています。

スコティッシュ・プレミアシップ順位表

セルティック強し。リーグ5連覇です。宿敵レンジャーズも健闘はしていますが、セルティックとの差は開きがあり独走優勝を許しています。ML5年目以降は徐々にリーグのパワーバランスが変化し始める時期でもあるので、今後の順位に注目です。

ロシアン・プレミアリーグ順位表

CSKAモスクワがリーグ連覇です。マイナーリーグでは連覇が非常に難しいと個人的には思っています。今後一時代を築き上げるか、はたまた新たなチャンピオンが現われるのか、密かに楽しみにしています。

スポル・トト・スュペル・リグ順位表

ベシクタシュがリーグ3連覇、4度目の優勝です。それ以上に驚いたのがアブデュルカディル・エミュルです。今季は17得点13アシストで個人タイトルをW受賞です。「トルコのメッシ」などと呼ばれているようですが、少なからず今季のパフォーマンスはその名に恥じない活躍ぶりだと思います。

 

NEXT「新シーズン始動」!!!

 

呪術廻戦 公式ファンブック

880円(税込)

2021/03/04 発売

※ひとり1個まで

【その他(書籍)】呪術廻戦 公式ファンブック | ゲーマーズ 書籍商品の総合通販
【メーカー特典付き】呪術廻戦公式ファンブ...

 

コメント

  1. kfks34 より:

    更新お疲れ様です!

    最後の3連続ドローが痛かったですね…。
    上手く行ってた流の歯車が突然狂って、何故かなかなか立て直せない事ってありますよね…。

    しかしエスポージトの得点力が凄まじいですね…!
    何か必殺の得点パターンみたいなものを持ってるんでしょうか?

    他国リーグの結果は私がプレイしているオランダを特に気にしてチェックさせてもらってますが、力関係が私の世界線と少し異なっているのが興味深いですね。私のプレイデータ内ではアヤックスが戦力面では衰退気味で、PSVやAZが強いです。

    • 木た郎 木た郎 より:

      ありがとうございます!

      本当に最後の3連敗は痛すぎました…。難しい相手ではなかったんですが(;´-`)
      たまに訪れるゴール欠乏症が最後に来るとは思いませんでした…。

      エスポージトの得点パターンの8割は、ポストプレーから反転して振り抜くパターンで、あとはFKが年間3~4本ですね!
      本当は華麗なパスワークやサイド攻撃にも憧れますが、自分の操作力では無理そうです(^^;

      オランダリーグはいつもならPSVやフェイエノールトがそろそろアヤックスと入れ替わって王者になる頃なのですが、今作ではアヤックス1強化しています。移籍頻度を最小に設定しているのも影響してるかも知れません!

      私の方も来季は勝負のシーズンになりそうです。お互い良い結果を残せるよう頑張りましょう!