WE2021 ML15年目【2034-35】「#107 欧州各国リーグ結果」

スポンサーリンク
WE2021ML15年目
スポンサーリンク


プレミアリーグ順位表

今シーズンのプレミア王者はアーセナルです。ML15年目にして名門が初のタイトルを獲得し、マンチェスターCの連覇に終止符を打ちました。得点王&MVPのヴァーディは総合値93に達し、現時点での最高数値選手の一人です。そしてもう一つの注目は降格クラブですが、エヴァートンがまさかの最下位となっています。これには驚きを隠せません・・・。

リーガエスパニョーラ順位表

バルセロナが2年ぶり8度目のリーグ優勝を決めました。ライバルを圧倒した今シーズンは、”アジア№1プレーヤー”のソンフンミンが初の個人タイトルを獲得する活躍を見せます。再びバルセロナ黄金期が訪れるのでしょうか。

ブンデスリーガ順位表

最後まで優勝がもつれた今シーズンは、最終節に逆転でケルンが優勝を決めました。これにより4年ぶり2度目の栄冠を手にします。「バイエルン1強」や「バイエルン&ドルトムントの2強」などと呼ばれた時代は過ぎ去り、ケルンやボルシアMGを加えた新たな勢力図が整いつつあります。

リーグアン順位表

PSGがリーグ6連覇達成です。相も変わらず無類の強さを発揮しているスター軍団は、リーグ屈指の攻撃力も去ることながら、守備力までもが群を抜いています。もはや死角が見当たらない王者を止められるチームは存在するのでしょうか。

エールディヴィジ順位表

今シーズンの優勝争いはかつての3強ではなく、リーグ連覇中のユトレヒトとヘーレンフェーンでした。そして僅差でヘーレンフェーンが初の優勝を決めます。さらに下位に目を向けると、国内では中堅かそれ以上の実力を持つと言われているAZが最下位に沈みました。

リーガNOS順位表

ベンフィカが覇権奪回です。リーグ最多の優勝回数を誇る名門が、2年ぶりに王座に返り咲きました。そして近年は低迷を余儀なくされていたポルトも4位フィニッシュで復調の兆しを見せています。来シーズンは果たして・・・。

ジュピラープロリーグ順位表

クラブ・ブルッヘが2年ぶり7度目のリーグ制覇です。そして森岡が自信2度目となるアシスト王に輝きます。そろそろステップアップしても良いのでは?と思っても無駄ですね・・・。

3Fスーペルリーガ順位表

デンマークリーグではホーセンスが初のリーグ制覇です。

ライファイゼン・スーパーリーグ順位表

バーゼルがリーグ連覇、9度目の優勝を達成しました。得点王には6年連続でウォルフスウィンケルが輝いています。絶対的エースに加えヨーロッパ年間最優秀選手のファビアン・フレイがいるバーゼルは欧州での結果が求められます。

スコティッシュ・プレミアシップ順位表

国内屈指の超名門セルティックが3年ぶりに王者に輝きます。通算で10度目の優勝を飾ったセルティックは、バーゼルと同様に欧州の強豪と渡り合う事が出来るのでしょうか。

ロシアン・プレミアリーグ順位表

ロコモティヴ・モスクワが2年ぶり2度目の優勝です。クラスノダルまでの上位5チームが今後の覇権争いを演じて行くでしょう。

スポル・トト・スュペル・リグ順位表

現在ヨーロッパで最も勢いのあるクラブがバシャクシェヒルなのかも知れません。リーグ4連覇を達成した今シーズンは2位以下を圧倒し、大台の「100P」に乗せてきました。かつての3強に対抗する術はなく、”王者バシャクシェヒル”と言う新時代が続いて行くでしょう。

 

 

NEXT「新シーズン開幕 KITAROの決断」!!!

 

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

コメント