WE2021 ML38年目【2057-58】「#287 新契約」

スポンサーリンク
WE2021ML38年目
スポンサーリンク


フロジノーネ就任初年度のシーズンも3月までが経過し現在首位を走っています。目標に掲げた『リーグ優勝ストレート昇格』も視界良好で、“頂き”へ向かって残り試合を戦い続けます。

 

2057-58 4月

30節はアウェイでのピサ戦です。身長200cm越えの長身FWルッカの今季2点目も虚しく1-2で競り負けたフロジノーネ。リーグ戦の連勝は3でストップです。

 

31節はザニオーロ率いるチッタデッラ戦です。結果は今季ワーストとなる3失点を喫し完敗しました。内容でも圧倒されたフロジノーネはリーグ連敗で2位との差が8ポイントに縮まりました。

 

リーグ戦連敗中のフロジノーネはコゼンツァと対戦します。重苦しい雰囲気を吹き飛ばすようなゴールラッシュが生まれ、今季最多の5得点を奪い3試合ぶりの勝利を手にしました。多くの選手が得点シーンに絡んだこの試合は今季のベストゲーム候補ですね。

 

33節は2位エンポリとの直接対決です。試合前で11ポイントの開きがあるので、実質この試合に勝利出来れば優勝へ大きく前進するでしょう。そして結果はフロジノーネが僅差でエンポリを下し『首位固め』に成功しました。歓喜への秒読み段階突入です。

 

4月 ベスト11&戦績

今月は初のリーグ連敗、最多失点もあれば最多得点もあった慌ただしい1ヶ月でした。それでも上位決戦を制するなど要所を締めたことで、優勝へのカウントダウンが始まります。

 

2057-58 5月

KITARO監督:「優勝は時間の問題??我々はまだ何も手にしていない事を再確認する必要がある。フットボールでは全ての事が起こり得る世界だ。優勝カップを掲げるまでは絶対に油断は出来ないね。」

 

今節のヴィチェンツァ戦では勝てば優勝、引分けでも2位以内が確定する重要な試合です。しかし結果は0-0に終わり優勝は次節以降に持ち越されました。それでも2位以内を確定させて昇格が決まった事には安堵しています。

 

35節サレルニターナ戦が始まります。繰り返しますが勝てば優勝が決まる重要な一戦です。

セリエB優勝決定!!!

古巣サレルニターナとの一戦はホイルンドとジェッリが得点し3-1で勝利しました。そして3試合を残してセリエBの優勝が決まりました。この戦力で良く戦ってきたなと・・・最高の気分です!!

 

優勝を決めたフロジノーネは今節サンプドリアと戦います。結果はホイルンドの活躍もあり名門サンプにシャットアウト勝利です。

 

コルパニ:「僕らは勝利するべきだったが自分達で難しい試合にしてしまったよ・・・。最終節??キエーヴォは手強い相手だけど今シーズンを勝利で締めくくりたいね。」

 

5月 ベスト11&戦績

今月は遂にリーグ優勝が決まりました。目標達成されたことに安堵しつつ早くも来季のセリエA挑戦が楽しみでなりませんね・・・!!

 

2057-58 6月

今季最終節のキエーヴォ戦は0-1で敗北し勝利で締めくくることが出来ず・・・。

 

6月 ベスト11&戦績

シーズン終盤で出場機会を増やしているのがMFマルコ・ブレシャニーニです。総合値65、若干20歳の若武者が何気に使いやすくて手応えを感じています。これまではコルパニ&マイエッロのWボランチで戦ってきましたが、コルパニをより攻撃的な位置で起用し、ボランチにブレシャニーニを抜擢して試してみました。セリエAで通用するかは未知数ですが来季も積極起用を続けて行こうと思います。

 

シーズン結果

ホイルンド:「このチームはスペシャルだ。最高のシーズンだったね。移籍の噂??何も聞かされていないよ。このチームの雰囲気は最高だ。監督とも良い関係だよ。今は優勝の歓喜に酔いしれたいね。」

 

セリエB 順位表

フロジノーネが2位以下に大差を付けて優勝です。目標通り優勝ストレート昇格を実現させました。攻守共にリーグ随一の結果を残しセリエA挑戦に値する成績だと思っています。2位には逆転でクロトーネが浮上してこちらも来季のセリエA挑戦が決まりました。

昇格プレーオフ 決勝

昇格のラスト1枠を懸けたプレーオフ決勝は6位エンポリが4位モンツァを下して下克上達成です。

リーグ戦スコア

シーズン前半は4-3-3、後半は3-4-3に変動して戦いました。

スカッドをほぼ総入れ替えで挑んだシーズンだったので序盤は流石に攻撃陣が機能せず苦しい時期もありました。それでもエースに名乗りを挙げたホイルンドが期待以上の活躍を見せ、スーレやブキャナンも徐々にチームにフィットすることで勝ち星を積み重ねられました。冬に加入したジェッリや主将マイエッロの活躍も見逃せませんね。

 

ゴールランキング

17得点を挙げたモンツァのボアテングが得点王です。ホイルンドは僅かに届きませんでしたが特大のポテンシャルを確信したパフォーマンスでした。

 

アシストランキング

マヌエル・ヨーリと同時受賞となったマティアス・スーレがアシスト王に輝きます。年間得点でも二桁に乗せたスーレは超新星の名に違わぬインパクトを残しましたね。

 

個人タイトル

 

シーズンベスト11

フロジノーネからはリーグMVPのホイルンド、ブキャナン、コルパニの最多3名が選出されました。アシスト王を獲ったスーレも選ばれれば文句なしだったのですが・・・。

 

コッパイタリア 結果

今季のコッパイタリア決勝は誰も想像出来ないカードが実現します。カリアリがサッスオーロを3-1で下して優勝を決めました。セリエA3強、並びにナポリやローマ、アタランタがいずれも決勝に進めなかったシーズンなどあっただろうか・・・。

 

シーズンスタッツ&個人成績

ホイルンドを筆頭にスーレとブキャナンもシーズン二桁得点を記録しました。このことからフロジノーネのストロングポイントは右サイドなのかと思いましたが、データからすればそうでもなさそうです笑

コルパニ&マイエッロは不動のWボランチとして君臨しましたが、先にも書いたとおり若手のマルコ・ブレシャニーニを来季は積極起用していこうと考えています。前線トライアングルの一角としてコルパニが加われば更に厚みある攻撃が期待されますね。

 

 

CL・EL 結果

CL決勝ではレアル・マドリードがマンチェスターUを延長戦の末に下して2季ぶり4度目のビッグイヤーです。過去直近5シーズンは全てリーガ勢が優勝しており、そのレベルの高さが表われています。

 

ELではチェルシーがガラタサライを4-1で下し32季ぶり3度目の優勝を成し遂げました。

 

クラブランキング更新

フロジノーネは258位から209位まで浮上し大幅ジャンプアップに成功します。当面の目標は100位以内ですかね。

 

シーズン総括・契約延長

経営陣:「KITARO、今シーズンは本当に良く戦ってくれた。そして有言実行を果たし見事にリーグ優勝、ストレート昇格を成し遂げた。噂に聞く手腕がここまでのものとはな。本当に驚いているよ。」

KITARO監督:「それだけこのチームには才能ある選手が集まっているということさ。」

経営陣:「そこでだ。今シーズンは単年契約だったが、正式に新たな契約を用意した。」

経営陣:「来季はセリエA挑戦が始まる。我々は常にトップカテゴリーに居続けなければならず、そのためには君の力が必要だ。」

経営陣:「君には来季からの5年契約を打診したい。どうだろうか??」

KITARO監督:「5年契約は聞いたことが無いな笑。だがそのオファーを快諾するよ。必ず欧州を席巻するチームにしてみせるさ。」

 

昇格・降格クラブ

 

 

NEXT「欧州各国リーグ結果」!!!

 

 

 

コメント