WE2020 ML1年目【2019-20】「#7 欧州各国リーグ結果」

スポンサーリンク
WE2020ML1年目
スポンサーリンク


今回は「欧州各国リーグ」の結果を見ていきます。MLシリーズでは恒例となっているが、未だに需要があるのかが分かりません・・・。しかし今シーズンも続けていこうと思うのでどうかお付き合い下さい!

プレミアリーグ順位表

現実世界と同じようにシティとリヴァプールの熾烈な優勝争いが繰り広げられた。勝点・勝敗が並び得失点差の差でシティが優勝を掴み取った。かなりのハイレベルな戦いと見て取れます。そして昇格を決めたのはフラム、ストーク、そして6位のリーズとなった。


リーガエスパニョーラ順位表

リーガもレアルとバルサの一騎打ちの争いとなり、レアルが僅か勝点1差で優勝を果たしました。さすがにML初年度はリアリティがあって面白い。話題の久保健英が所属のマジョルカは無念の最下位で降格。昇格してくるのはジローナ、岡崎の居るウエスカ、そして5位のマラガに決まった。


セリエA順位表

MLでもユーヴェの強さは健在だ。ルカク、センシ、バレッラなど新戦力を擁したインテルでさえ太刀打ち出来ずに「21」もの差を付けられた。ユーヴェの牙城を崩すのはどのクラブか。来季以降も目が離せない。


ブンデスリーガ順位表

WE最新作ではバイエルンのライセンスを取得しよりリアルになったブンデスリーガ。そして今作もブンデスの主役はバイエルンで決まりだ。ハッキリ言って付けいる隙が見当たらない。主力の大量流出でも無い限り、バイエルン王朝はどこまでも続くだろう。


リーグアン順位表

ブンデス同様に「1強リーグ」と化してしまうのか。今作も異次元の強さを見せているPSG。2位以降にはモナコ、マルセイユ、モンペリエ、リヨンと続いたが、このパワーバランスは理想的だ。ML2年目のCLはめちゃくちゃリアルで絶対楽しいと思います。我がクラブには無縁なのだが・・・。そして昇格するのはギャンガンとロリアンになった。


エールディヴィジ順位表

アヤックスやば(笑)デリフトやフレンキーが抜けた影響など微塵も感じさせない強さだ。むしろPSVとフェイエがだらしない。もっと意地を見せなきゃいかんでしょう。何気に日本人選手が多く在籍するエールディヴィジはいつか戦ってみたいリーグの一つです。


リーガNOS順位表

今季はプレミアとリーガ以外は2位に大差を付けて優勝する傾向にあるようだ。中島所属のポルトがライバルの2クラブに大差を付けてリーグ制覇を成し遂げた。国内3強がしっかり上位3位までをキープする。このパワーバランスがいつまで続くか・・・。


ジュピラープロリーグ順位表

ここからはマイナーリーグに入ります。初めに日本人選手に人気なベルギーですが、「王者アンデルレヒト」と言うのはもはや昔の事なのだろうか。優勝したのはブルッヘ、2位以降ヘンク、アントワープ、ゲンクと続いた。

オーダースーツがすべて29800円 – ネットで注文・簡単な採寸方法
今なら1000円オフクーポンをゲット

3Fスーペルリーガ順位表

「3F」ってどう言う意味なんだろ・・・。コペンハーゲン、ブレンビー、ミッテランの戦力が頭一つ抜け出しているのは今作も変わりは無い。そしてこの三つ巴を制したのはブレンビー。

オーダースーツがすべて29800円 -今なら1000円オフクーポンをゲット

ロシアン・プレミアリーグ順位表

毎年結果が気になってしょうがないリーグ、ロシアン・プレミアリーグです。元々巨大戦力を誇るゼニトがリーグ制覇を成し遂げた事自体は何ら驚きはありません。ロコモティブの逆襲があるか、それとも”ダークホース”が表われるか、今から来季の結果が楽しみだ。

オーダースーツがすべて29800円 -高級生地のみ。1000円オフクーポンをゲット

スコティッシュ・プレミアシップ順位表

うほっ!!!永遠のライバル、レンジャーズがセルティックを抑えて優勝してます。これは面白い結果になった。しかも得失点が全くの同じ、こんな事ってあるんかいな・・・。いずれにしてもセルティックの10何連覇とか見たくないので、レンジャーズに肩入れしてしまう(笑)

オーダースーツがすべて29800円 -追加費用なし、高級生地のみ

ライファイゼン・スーパーリーグ順位表

皆さんお待ちかねのスイスリーグです。王者バーゼルの強さは未だに健在だ。国内では勝って当然、欧州レベルでどこまで戦えるかが重要になってきます。得点王に輝いたのは個人的に好きなファン・ウォルフスウィンケルじゃないか!いつか自チームに迎え入れたい・・・。

オーダースーツがすべて29800円 -自社工場だからこの価格。

スポル・トト・スュペル・リグ順位表

オランダ、ロシアに続いて興味津々なリーグ、トルコです。全盛期を過ぎた有名選手が晩年に移籍するイメージがあるが、レベルや熱量は主要リーグに匹敵すると思っている。実にそそられるリーグだ。優勝したのは長友擁するガラタサライ。次いで3強の1角フェネルバフチェ。ベシクタシュの間にトラブゾンスポルとバシャクシェヒルが割って入った。

オーダースーツがすべて29800円 -ジャストサイズ保証で安心

 

とりあえず1シーズンプレイしてみたが、前作を23シーズンプレイし尽くした私にとっては、今作には未だ違和感がありまくりです(笑)

特に感じた事が、トラップやパス精度など、前作はある程度の総合値(60台)があれば無難にこなしていたのが、今作ではそれが全く上手くいきません。トラップミス、パスミス、ドリブルのワンタッチが大きい、シュートが思ったところに打てない等など・・・。弱小チームでプレイする上ではストレスが溜まりまくりです(笑)しかしそれがある意味リアルなのだと思ってもいます。

それと一番苦労しているのが、セカンドボールを全く奪えないこと。GKからのロングボールを例え競り勝っても必ずと言って良いほど相手に拾われます・・・。弱小チームだからなのでしょうか。この辺の技術に長けている方、アドバイスお願いします!!


次回、セリエB2年目「7億4千万!!コートジボワールの超新星」!!!



 

コメント