WE2019 ML9年目【2026-27】「3度目の挑戦」

スポンサーリンク
WE2019ML9年目
スポンサーリンク


ML9年目のウィンターブレイクも終え、リーグが再開します。今月はFAカップ3回戦も行われます。相手は去年に続き強豪シティ。まさか2季連続で当たるとは・・・。しかし逆に言えばリベンジのチャンスでもあります。精一杯ぶつかりましょう。まずはリーグ戦から。



2026-27シーズン 1月

第20節 vsハダースフィールド・タウン(H)

0-0 △ 得点者 なし

 

第21節 vsサウサンプトン(H)

0-1 × 得点者 なし(4位↓)

 

第22節 vsワトフォード(A)

0-2 ○ 得点者 ピナモンティ、バロテッリ(3位↑)

 

第23節 vsレスター(H)

リーグ再開して3戦、確実に戦力アップに繋がったと思われた補強がうまく発揮出来ていない。そして前節ようやく再開後勝利を収めてのレスター戦です。

この試合も僅差での勝利で何とか”凌いだ”印象です。展開的に厳しい内容で、試合中盤までスコアレス、そこからの先制点を奪われる形は、ホントにキツい。それでもエースが立て続けに得点を決めて逆転に成功した。AT弾で冷や冷やする展開はなるべくなら避けたいですね。

 

第24節 vsチェルシー(H)

レスター戦に続きホームで迎えるチェルシー戦です。△×の後、○○で連勝中のダービー・カウンティ。順位も3位をキープし、これ以上は順位を落としたくない。勝ってシティ戦に弾みを付けましょう!

ないわ・・・。これは真面目にないです。酷すぎるスコアで”惨敗”を喫した。前半にまさかの3失点。守備陣の崩壊に攻撃陣も不完全燃焼。しっかりチェルシーDF陣に抑えこまれました。この敗戦はあまりにもショックが大きいです。気持ちを切り替えて、シティ戦に臨まなければ・・・。

 

FAカップ3回戦 vsマンチェスター・シティ

昨季同様3回戦での対戦となったダービー・カウンティ×マンチェスター・シティ。2部時代にファイナルに進んで以降、プレミア昇格してからは2季連続で3回戦、もしくは2回戦敗退が続いている。今季3度目の挑戦で必ずベスト8に進出したい。

先のチェルシー戦に続きこの試合も3失点、無得点で完敗です。またも3回戦の壁を越えられませんでした。シティの常人離れした鬼スピードのパス回しに翻弄され、最後はお決まりのグラウンダーのクロスからの失点・・・。3失点とも同じパターン。わかっちゃいても止められない攻撃パターンです。しかし絶対に対抗策があるはず。そこを見出し対策するしかなさそうだ。

1月ベスト11

今月は6戦2勝1分3敗で選出ゼロ。先にも書いたが、補強が上手くハマっていないのが否めません。初めからフィットするはずもないので、そこまで心配はしていないが、格下と呼ばれる相手にも点が獲れず負けてしまっているのはマズい。連携面強化が急務となっている。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

ダニエレ・デ・ロッシが世界年間最優秀選手を初受賞!!!
MLも9シーズン目にもなると流石にメッシやロナウド、ネイマールなどの時代が終わり、新たな新時代へと移り変わってきている。ピナモンティも過去2度受賞した実績があるが、3年前の受賞を最後に遠ざかってきている。やはりリーグ制覇、ビッグイヤーなどタイトル獲得が最低条件となりそうだ。



2026-27シーズン 2月

第25節 vsブライトン(A)

2-5 ○ 得点者 ピナモンティ、ピナモンティ、ピナモンティ、バロテッリ、バロテッリ(3位↑)

 

第26節 vsトッテナム・ホットスパー(A)

前節ブライトン戦での大勝により再び3位浮上となったダービー・カウンティはトッテナムとの一戦を迎えます。今節から→リヴァプール→アーセナル→マンチェスター・U→ベンフィカと鬼スケジュールとなっている。この5連戦を無敗で乗り切れるのであれば4位以内という目標に大きく近づいていくだろう。まずはこの試合に勝って勢いに乗りましょう。

今季のトッテナムは今のダービー・カウンティにとって敵ではないようだ。前回対戦の圧勝劇に続き、3-0と完封勝利。シャットアウトです。

 

第27節 vsリヴァプール(H)

続いてはリヴァプール戦です。ハッキリ言ってここが一番厄介な相手だ。と言うか、個人的にかなりの苦手意識があります。前回対戦でも敗北し目下4連敗中です・・・。最後に勝利したのは2年前まで遡る。何としてもこの試合で叩いておきたいところだ。

どーーーーしても勝ちきれない。試合終了間際の87分までリードし、勝ちがすぐそこまで見えていた。が、土壇場で同点に追いつかれる。しかし、その2分後にディアスが値千金の勝ち越し弾を決めて勝利を確信しました。だがなんと90分+2分に謎の選手がまたも同点弾を叩き込み結局勝てなかった。こんな事ってあるんか!?って真面目に思いました。後半75分も過ぎた辺りから、各選手のスタミナが切れて思うようなプレーが出来ない中、ATにリヴァプール攻撃陣の鬼連携による波状攻撃で同点とされてしまった。まるで試合開始直後かのような動きで・・・。

 

第28節 vsアーセナル(A)

前節のあまりに大きすぎるショックをかき消すべく、必勝でアーセナル戦に挑みます。勝つ事でしか、敗戦のショックは払いきれないのだから。

ぐぬぬ・・・っっ!!!グーの音も出ないほどに圧倒された試合内容だった。言い訳できません、完敗です。やはりリヴァプール戦でのショックの影響を引きずってしまっていたようだ。

 

第29節 vsマンチェスター・U(A)

2戦勝ちがないダービー・カウンティは何とか3位をまだ死守出来ているが、もうヤバいです。4位との差がけっこうあったのが徐々に詰められてきている。とにかく連敗だけは避けなければ。

ラッシュフォードめっちゃエグいやん・・・。とんだかませ戌になってしまった。この試合はラッシュフォードの一人舞台、ワンマンショーと化した。連敗だけは避けたかったが、これで連敗を含む3戦未勝利となった。

高報酬の案件多数!未経験でも月収30万円が目指せる!

ヨーロッパリーグ 決勝ラウンド

いよいよヨーロッパリーグの決勝ラウンドが始まります。ダービー・カウンティとしては初となる欧州大会への参戦です。とにかくやっと掴んだチャンス、悔いの無い戦いをしていこう。

 

EL決勝ラウンド1回戦 1stleg vsベンフィカ(H)

1回戦の相手はポルトガル屈指の強豪ベンフィカです。欧州最優秀選手を受賞したG・フェルナンデスを擁し中々侮れないメンバーが揃っています。とにかく初戦はホームゲーム、無失点で乗り切りたい。

結果 1-0 得点者 ナルシン

予想通り難しい展開となった。互いに守りを固めた引き締まった内容になり、中々得点チャンスが作れない。それでもダービー・カウンティはワンチャンスをモノにして、得意のショートカウンターから最後はナルシンが決めて、勝利を手にしました。しかし、まだ1stlegが終わったばかり。しかも点差は僅かに1点です。2ndlegも引き続き集中して挑もう。

 

EL決勝ラウンド1回戦 2ndleg vsベンフィカ(A)

運命の2ndlegが始まります。1stlegを1-0で勝利したダービー・カウンティは多少なりのアドバンテージがあるが、油断せずに戦おう。

ナイスゲーム!!自分で言うのも何だが、かなり良い試合だった。この試合のスタメンを見れば分かると思うが守備陣には一抹の不安もありました。なので1点くらいの失点は想定内。とことん点取り合戦に持ち込もうと。前半で2点差を付けた事で勝負ありでしたね。これで2回戦進出です!!

ヨーロッパリーグ決勝ラウンド1回戦 結果

注目のビッグマッチ、シティ×ドルトムントの一戦はなんとドルトムントが勝利!何だかんだで結局シティが勝つんやろなと思ってはいたが、まさかの結果でした。

総合ランキングサイトのコレダ
独自の調査により様々なジャンルの人気サイトをランキング!総合ランキングサイト「コレダ!」

ヨーロッパリーグ決勝ラウンド2回戦 対戦表

ベスト16にまで絞られた2回戦の対戦表です。ダービー・カウンティはトルコのトラブゾンスポルと戦います。2回戦ではユーヴェ×ナポリのセリエA対決、ドルトムント×アトレティコアーセナル×ポルトなど注目の一戦が目白押しです。

2月ベスト11

ELでは勝ち進むもリーグ戦の連敗が響き選出はゼロでした。これで2ヶ月連続です。とにかく今はこの3位という順位を如何に守るか。これだけに集中してリーグ戦は戦っていこう。BIG6との試合はシティ戦以外全て終わったので、3月、4月、5月は取りこぼしに注意し、4位以内でフィにシュできるようラストスパートです!

 

次回、ELベスト16 vs”ダークホース”トラブゾンスポル!!!
総合ランキングサイトのコレダ
独自の調査により様々なジャンルの人気サイトをランキング!総合ランキングサイト「コレダ!」

コメント