WE2019 ML7年目【2024-25】「シーズン総括」

スポンサーリンク
WE2019ML7年目
スポンサーリンク




ML7年目、そしてプレミアリーグ初挑戦となった今シーズン。総括しながら振り返っていきましょう。

2024-25シーズン BEST GOAL

Winning Eleven 2019 vsレスターシティ

ライバルチーム、「レスターシティ」との初対戦となった試合で生まれたスーパーゴールです。ダメ押しと思われた4点目のゴールだったが、この後まさかの守備崩壊により3点差を追いつかれドローという結果になった。

2024-25 成績

プレミアリーグ順位表

5連覇中のシティを抑えて優勝を果たしたのはトッテナム。2位は逆転でリヴァプール、時点でシティ、チェルシー、マンU、アーセナルと続いた。やはり”BIG6”の壁は高く分厚いものだった。

ダービー・カウンティは11位でフィニッシュ。最高順位は6位。シーズン序盤の守備崩壊が印象的だが、なんと補強後のシーズン後半戦の方が断然出来が悪い。

  • 1節~19節 8勝7分4敗 35得点34失点
  • 19節~38節 4勝7分8敗 24得点27失点

年間通してシステム、戦術が安定せず、スタメンも固定出来ず終始行き当たりばったりな戦いをしてしまったのが最大の要因であり、今後の課題だろう。

ゴールランキング

良いとこなしの今季において、唯一のタイトルの可能性があった「得点王」争いも終盤にジェズスに抜かれてピナモンティは2位となった。しかしながらプレミア初年度に20Gの大台に乗せたのは十分評価に値します。

アシストランキング

得点が少ない以上当然アシストも増えません。そんな中奮闘したのはディアス。リーグ戦10G8Aは立派な成績と言えます。が、昨季のような得点力は形を潜めたのも事実。来季に期待しましょう。

個人タイトル

シーズンベスト11

11位のダービー・カウンティから異例の選出となった。しかも2人もです。これは嬉しい。なにせ月間ベスト11では10月以降全く選出されませんでしたからね。来季のモチベーションアップに繋がりますね。

2024-25 FAカップ結果

大会ゴールランキング

  1. ピナモンティ 4G
  2. ボーウェン(ハル)4G
  3. ブエンディア(ノリッジ)4G

大会アシストランキング

  1. トレイラ(アーセナル)3A
  2. ギュンドアーン(レスター)3A
  3. デ・パウル 2A
大会個人タイトル

大会ベスト11

ダービー・カウンティからは得点王のピナモンティが選出です。2部からの選出も多数あり、プレミアと2部とのFAカップに対する”温度差”みたいなものが垣間見えました。

2024-25シーズン チーム内各種ランキング

一つ訂正と言うか・・・。上記のディアスの年間ゴール数は間違ってますね。実際は10Gです。冬の移籍期間での再獲得が影響しているのかも知れません。

攻撃面ではピナモンティ依存が色濃く表れましたね。それでもウィルソンの活躍は良い意味で予想外でした。昨季は完全な落ち目だったが今季見事復活し二桁得点をマーク。後はディアスの爆発力に来季は期待ですね。実際こんなもんじゃありませんよ。

クラブランキング更新

136位→129位(7ランクアップ)!!まだまだ三桁台は続きます。早く二桁台に登りつめたいですね。

◆上位16位

インテルがベスト3にランクイン。セリエAトップに立ちました。相変わらずパリSGとバルサの跳び抜け感は凄まじいですね(笑)

SkyBetチャンピオンシップ 順位表

昇格・降格クラブ

昇格を果たしたのは上位3チーム、リーズ・カーディフ・ヴィラとなり、POでの下克上は起きませんでした。降格組はクリスタルパレス、ストーク、ハルシティ。ハルシティは1年での降格となってしまった。

 

今季は本当に苦しい戦いが続きました。シーズン後半戦から終盤にかけての大失速でリーグトップ10入りも果たせなかった。それどころか一歩間違えてたら降格さえありえたと思います。攻守両面に課題があり、来夏の移籍期間はまた忙しくなりそうです(笑)

迎える新シーズンの目標は今季以上の成績です!

 

次回、欧州各国リーグ結果!!!



コメント