WE2019 ML23年間【2018-41】「最終回」

スポンサーリンク
WE2019ML23年目
スポンサーリンク


約1年間続いた「WE2019マスターリーグ」も今回で最終回を迎えます。

ML23年間で実に6ヶ国6クラブを渡り歩き指揮を執ってきました。

これまでの実績を振り返って終わりたいと思います!

世界最高峰の薄さ、パリ発スマートウオッチ【NOWA】

MLシーズン成績【2018-41】

「優勝するまでは移籍不可」と言う縛りを設けて始めたML。当然ながら就任した全てのクラブでタイトルを獲得してきました。COMレベルはプロフェッショナルから始めML7年目には満を持して最高難易度「スーパスター」に挑戦。

中でも思い入れが強いのは、在任最長となる10年間指揮を執ったダービー・カウンティ。世界最高峰と呼ばれるプレミアリーグで3連覇を成し遂げ一時代を築き、ダービー・カウンティの名を欧州に轟かせました。


在籍リーグ歴代得点王&アシスト王

世界一スリムでインテリジェントなハイブリッドスマートウオッチ【NOWA】

世界年間最優秀選手&ヨーロッパ年間最優秀選手 歴代受賞選手 一覧

パリ人気デザイナーによるスマートウオッチ【NOWA】

主要リーグ優勝クラブ一覧【2018-41】

公式サイト【NOWA】

■プレミアリーグ■

”BIG6”と呼ばれる強豪が在籍する世界最高峰リーグ。シリーズ序盤~中盤はマンチェスター・Cが5連覇を含む7度の優勝を数えるも、終盤にかけてダービー・カウンティに覇権を奪われた。

■リーガエスパニョーラ■

初めはバルサの圧倒的な強さが目立つも徐々に失速。23年間のトータルで見ればアトレティコが覇権を握り続けたと言っても良いだろう。レアルはたまに優勝するくらいで、ギャラクティコの面影は微塵も感じられなかった。

■セリエA■

主要リーグの中では最多の優勝クラブ数を誇る”群雄割拠”リーグです。王者ユヴェントスの時代も7年目以降は衰退の一途を辿り、その後はミラン、ローマ、ラツィオ、ナポリ、アタランタ、インテルなど多くのクラブがスクデットを勝ち取った。

■ブンデスリーガ■

主要リーグ随一の1強リーグ。王者バイエルンが19度もの優勝回数を誇る中、真っ向から挑んだのがニュルンベルク。シリーズ終盤には戦力的にもバイエルンを上回りクラブランキングも2位にまで登りつめた。このままMLを続けていたらもう暫くニュルンベルクの連覇は続くだろう。

■リーグアン■

シリーズ前半はパリSG、後半はマルセイユ、たまにサンテティエンヌ。このような構図となったがモナコ辺りも常に優勝争いに加わればもっと面白いリーグになったはず。

■エールディヴィジ■

クラブ別優勝回数は、PSV11回、フェイエノールト7回、アヤックス5回。意外にもアヤックスが一番少なかった。PSVとなぜここまで差が付いたのか。フレンキー、ファン・デ・ベーク、デリフトなど主力をごっそり引き抜かれたら当たり前か・・・。

■リーガNOS■

MLを長く続けると、リーグのパワーバランスが崩れる事が多々あります。しかしリーガNOSは珍しくその例外となった。国内3強がきっちり王者の座を守り、パワーバランスを保ち続けました。残念ながら欧州での結果は残せなかったが、それもまたリアル。

CL・EL歴代優勝クラブ

23年間でCLは優勝することが出来ませんでした・・・。ELは36-37シーズンにニュルンベルクで1回達成しただけに留まり、CL同様にELも制覇する難しさを痛感しました。

パリ発、世界最高峰の薄さのスマートウオッチ【NOWA】

リーグ別優勝回数【CL】
  • プレミア・・・9回
  • リーガ・・・6回
  • セリエA・・・3回
  • リーグアン・・・3回
  • ベルギー・・・1回
  • ロシア・・・1回
リーグ別優勝回数【EL】
  • セリエA・・・6回
  • プレミア・・・4回
  • リーガ・・・4回
  • エールディヴィジ・・・3回
  • リーグアン・・・2回
  • ブンデス・・・1回
  • ロシア・・・1回
  • デンマーク・・・1回
  • トルコ・・・1回

薄型×高性能 パリ発、ハイブリッド時計【NOWA】

クラブ別歴代優勝回数【CL】

ミニマリストにおすすめ、パリ人気デザイナーによる、世界最高峰の薄型ハイブリッドウオッチのNOWA。世界中を飛び回る人のためのオートタイムゾーン機能や健康に気を遣う人のためのトラッキング機能など!細部へこだわり、最高品質であります。NOWA Watchはアナログ時計の顔を持ちながら最先端の機能を持っています。ぜひ、ご覧になってみて下さい!
NOWA - 旅行のための世界最薄ハイブリッドスマートウオッチ
NOWA時計は、旅行のためのミニマリストデザイン、アナログスマートウオッチです。オートタイムゾーンやトラッキング機能などがついています。ハイブリッド時計を今すぐ購入!
クラブ別歴代優勝回数【EL】

こうして見るとやはりプレミアリーグ、リーガエスパニョーラ、セリエAの3リーグは別格だ。特にプレミアリーグは”世界最高峰”の名に偽りのない強さでした。


移籍金IN/OUT 歴代TOP10【2018-41】

攻撃的選手が多くなったトップ10。堂々の1位はML23年目にインテルが約120億で獲得したザニオーロ。次いで2位はピナモンティの約106億。ダービー・カウンティに完全移籍となった2030-31シーズンに記録した初となる100億越えのビッグディールだ。7位には唯一GKがランクイン。全体的に見てもピナモンティに如何に多額の移籍金を費やしたが見て分かります。


売却金のトップは湘南ベルマーレからのメガオファーだ。約100億近い移籍金の前にNOとは言えなかった。2位~5位まではいずれもダービー・カウンティ時に記録し、6位~9位まではニュルンベルク時とインテル(第2政権)時のもの。こうして見ると移籍先の殆どが弱小、中堅クラブな事に気づく。ビッグクラブと呼ばれるチームはドルトムントくらいだろうか。やはりリアリティが薄くなりますね。特に1位~3位の移籍先はお世辞にも金満クラブとは言えません。この辺も改善点の一つとして挙げたい。


歴代在籍日本人選手 一覧(加入時期順)

自チームに初めて日本人が加入したのはダービー・カウンティ時の鎌田大地だった。30歳目前と言う事もあり目立った活躍は出来ずに退団。チームが変わってニュルンベルク時には多くの日本人を積極的に獲得した。その多くはレンタル移籍での加入だったが、中島に限っては完全移籍にこだわり、加入後直ぐさまレギュラーを掴んだ。ニュルンベルクには欠かせない中心選手となり素晴らしい活躍を見せました。その中島以上の移籍金を支払った選手がkeisuke.hondaだ。レンタル移籍にも関わらず20億以上の移籍金には驚きと同時に疑問を持たざるを得なかった。しかし圧倒的統率力とカリスマ性でチームの核となり新境地ボランチでの起用に見事適応。この年リーグ2位と初のEL制覇に貢献した。


歴代ベスト11【2018-41】

ML23年間6ヶ国6クラブを渡り歩いてきた中で、最強イレブンの決めたいと思います!

僕のヒーローアカデミア

フォーメーションは3-4-3で超攻撃型布陣となりました!!

3トップは左からデイヴィス、ピナモンティ、エスポージト。これまで指揮してきたチームに於いける”新旧”エースストライカーが揃いました。

中盤の両サイドアタッカーには、WGと呼べる攻撃的選出です。左はテクニシャンのリッキー、右にはダービー・カウンティ在籍時通算78得点のナルシンを置き、もはや5トップです。

Wボランチには歴代見渡しても”不動”と呼べる2人、120億のザニオーロと57億のグエンドゥージ。アシスト、得点の両方が期待出来るコンビです。

3バックにはインテル時代からシュクリニアル、ダービー・カウンティ時代からサコ&ヴィダを選出。説明不要の鉄壁3バックの完成です。

守護神にはブラゾンの一択でした。18歳で加入した当時は総合値65ほどでしかなかった若武者が、25歳時には総合値84にまで成長し、正守護神の座を不動のモノにしました。

控えにはニュルンベルク時代からトゥアンセベ、トーレス、マクシマン、ショボスライが選出。ダービー・カウンティ時代からアフェライ、ディアス、パウミエリ、アレオラを選びました。スタメンも含めて殆どダービー・カウンティ時代とニュルンベルク時代の融合チームです(笑)

【アニメイト】

WE2019 ML個人成績

最後に全てのチームでストライカーとして活躍したピナモンティと、その正統後継者のエスポージトの生涯通算成績を見ていきます。

#99 FW アンドレア・ピナモンティ

黄色はキャリアハイ

アイドリッシュセブン IDOLiSH7

#9 FW セバスティアーノ・エスポージト

黄色はキャリアハイ

あんさんぶるスターズ!

見ての通りピナモンティは殆どレンタルでの加入となってしまい、毎シーズン多額のレンタル料を支払っていました。しかしそれだけ価値がある選手で、自分のチームには必要不可欠な存在なのです。生涯通算614G/129Aはもはや金字塔レベルで、年間52Gを2度も達成している。

しかし年齢の衰えは隠しきれず、38歳辺りから出場機会が激減する。

そうです。エスポージトがエースの座を勝ち取ったのです。

エスポージトは16歳で加入し、流石に初年度は2G止まりだった。しかし翌年に一気にブレイクを果たし17歳ながら17Gを挙げ大器の片鱗を見せました。その後もニュルンベルクを退団するまで5年間欠かさず20G以上を記録し続け、満を持してインテル復帰を果たします。そして迎えるML23年目にはキャリアハイとなる年間49試合出場して49G/16Aをマーク。単純に1試合1点獲る計算になります。全盛期のピナモンティにも匹敵する脅威的な決定力でゴールを量産したエスポージトはこの時点でまだ23歳です。総合値は既に87まで上がり、90オーバーは間違いないでしょう。

 

(自分で勝手に思って)惜しまれつつ最終回を迎える訳ですが、やはりMLは自分の好きな若手選手をじっくり育てて成長させる所に面白味を感じます。

ピナモンティ初期総合値66→最高値89(27歳)

エスポージト初期総合値60→最高値87(23歳成長中)

このように総合値60台から覚醒を経て90近くまで成長し、得点王や世界年間最優秀選手など獲得していくのって最高に面白いですよね!無名の若者にビッグクラブから関心を持たれてオファーが来たときの「どんなもんじゃい」感がたまりません(笑)

恐らくですが、初めからメッシやロナウド、ムバッペなどが居ても詰まらないでしょう。しかし弱小クラブを強くしていき、そこからビッグネームの獲得はドラマがあります。

まだ続けたい気持ちも少なからずありますが、新作2020が気になってしまって・・・。

とりあえずWE2019MLはこれにて終了させて頂きます。約1年間、毎日たくさんのご訪問・ご閲覧有り難うございました。

 

おしまい

 

次回、「もし新作2020のMLを始めることがあれば、また読んで頂けたら嬉しいです」!!!
アニメイト 新規アフィリエイトパートナー募集!!
・ブログやWebサイト、メールマガジンなどにて紹介されたバナーやリンクから、アニメイトの商品が購入された場合、成果に応じて報酬をお支払い。
・無料で始められて1000円以上でお振込み。
・いま多くの方に利用されているエーハチネットはPCとスマートフォンからご利用いただけます。

▼詳細はこちら

アニメイト|animate 公式オンラインショップ
アニメイトの通販ショップはコチラ!限定商品やオリジナル特典が多数!ポイント5%還元。支払方法も豊富。メール便やコンビニ受取りサービスも便利。通販ならではのおトクな企画や送料無料キャンペーンなど多数実施。

コメント

  1. シロクマ より:

    2019年お疲れ様でした。
    全然関係ないですが、データ管理が凄いですね。PCで編集してるんですか⁇
    2020、開始が待ち遠しいです‼︎

    • 木た郎 木た郎 より:

      ありがとうございます!

      統計とか取るの好きなので結構データはPCで管理してます!

      2020の準備整い次第開始しますね!