セリエA【2018-19】第33節 vsローマ

スポンサーリンク
インテルミラノ
スポンサーリンク


今節はユーヴェが前人未到のリーグ8連覇を決めました。1位ユーヴェ、2位ナポリは随分前からほぼ確定しており、この2チームにとってはほぼ消化試合みたいなもの。問題は3位、4位の争いです。すなわち「来季CL出場権」の争いになります。

この座を巡って争っているのは、インテル、ミラン、ローマ、アタランタ。

そして今節は3位インテルと5位ローマの直接対決です。インテルにとってはユーヴェ戦、ナポリ戦をまだ残しており、最後まで厳しい日程のためこの試合は是が非でも勝ちたいところ。最悪でも引分け、負けは絶対に許されない今季最大の大一番を迎えます。



インテル

4-2-3-1

ラウタロ

ペリシッチ ナインゴラン ポリターノ

バレロ ベシノ

アサモア シュク デフライ ダンブロ

ハンダノヴィッチ

最短翌月に高額キャッシュバック!

ローマ

4-4-1-1

ジェコ

ペッレグリーニ

シャーラウィ クリスタンテ エンゾンジ ウンデル

コラロフ ジェズス ファシオ フロレンツィ

ミランテ



結果 1-1 △ 得点者 ROMシャーラウィ INTペリシッチ

光回線は限定キャンペーン満載のネットモバイル【So-net光】

結果は1-1のドロー。最悪の「負け」は免れたものの、内容的に見ても勝ちきりたかった。

この試合怪我から復帰したラウタロを先発起用し、イカルディがベンチスタート。これでCFの序列がハッキリしました。絶対的エースとして君臨してきたイカルディは今や2番手。個人的にはこの考えには反対です。確かにこれまでのイカルディの問題行動はチームに混乱をもたらしたが、これまでの実績や経験を考えれば今季いっぱい、CL出場権をもぎ取るまでは1stチョイスで起用したい。少なくともイカルディとラウタロに序列を付けず、同じようにチャンスを与えて行くべきだと思います。

試合は、ブロゾヴィッチが復帰に間に合わずベンチ外。バレロが代役を担ったが、ガリアルディーニでも良いのでは?と率直に思いました。

前半の失点シーンはシャーラウィの個人技からのミドル。これはさすがにハンダノヴィッチでのノーチャンスだった。相手を褒めるしかない。インテルは意外とこの手の失点が多い。中にカットインからのミドル。ポリターノが得意としているパターンです。

この日のインテルは苦手ローマ相手にチャンスを度々作りシュートまで持って行く。特に右サイドからのクロスに合わせた決定機が2度ほどあり、1本でも決まっていればと悔やまれる。

1点ビハインドで後半に入ると、ナインゴランに替えてイカルディを投入。ラウタロとの共存も問題ないように思えました。ブロゾヴィッチが復帰するまではナインゴランを1列下げて、イカルディとラウタロの縦関係の2トップでも悪くないんじゃないかと思います。

後半60分過ぎ、遂にインテルが追いつきます。やはり得点シーンも起点は右サイドから。ダンブロからの絶妙クロスに大外のペリシッチがドンピシャで合わせてゴールに突き刺します。何だかんだ言ってダンブロは今や欠かせない選手ですね(笑)

その後、マリオ、ケイタも投入し勝ち越しを目指すもスコアは動かず試合終了。

これで両者勝ち点1ずつ加え順位に変動なし。ミランもパルマと引分けたので勝ち点差は変わらず。遅れて行われる試合で、6位アタランタがナポリに勝てば一気に4位ミランに勝ち点では並びます。

いよいよ混沌としてくるCL出場権争い。現状では僅かながらインテルが有利な位置にいるものの、全く安心は出来ません。先にも書いた通り、インテルはまだユーヴェ戦とナポリ戦が残っています。残り5試合中2試合が上位陣との試合。どちらも勝てれば一番良いがそう簡単にはいきません。従ってそれ以外の3試合は絶対に落とせないと言う事。

インテルの3位フィニッシュに向けて、スパレッティには今ある戦力を余すことなく使って欲しいと思います。


残り5試合リーグ戦の日程

第34節 vsユーヴェ(H)

第35節 vsウディネーゼ(A)

第36節 vsキエーヴォ(H)

第37節 vsナポリ(A)

最終節 vsエンポリ(H)


次回、4/27 vsユヴェントス(メアッツァ)!!!
総合ランキングサイトのコレダ
独自の調査により様々なジャンルの人気サイトをランキング!総合ランキングサイト「コレダ!」

コメント