セリエA【2018-19】第24節 vsサンプドリア

スポンサーリンク
インテルミラノ
スポンサーリンク


リーグ戦第24節、サンプドリアをホームに迎えての一戦です。ELラピード・ウィーン戦から僅か中3日での試合となります。

 

インテル

4-2-3-1

ラウタロ

ペリシッチ ナインゴラン ポリターノ

ブロゾ ガリアル

ダウベルト シュク デフライ ダンブロ

ハンダノヴィッチ(C)

 

総合ランキングサイトのコレダ
独自の調査により様々なジャンルの人気サイトをランキング!総合ランキングサイト「コレダ!」

サンプドリア

4-3-1-2

クアッリャレッラ デフレル

サポラーナ

リネッティ エクダル プラート

ムッル アンデルセン トネッリ ベレシンスキ

アウデーロ

 

結果 2-1 ○ 得点者 INTダンブロ SAMガッビアディーニ INTナインゴラン

 

ホームでサンプを撃破!!ナインゴランの久々のゴールが決勝弾となりました!

この試合も1トップにはラウタロが起用されて、イカルディはベンチ外。ますます雲行きが怪しくまってきました。EL戦で出場のなかったブロゾやシュクリニアルがスタメンに復帰し、ベストメンバーに近い状態で試合に臨んだインテル。

サンプのメンバーも実に粒揃いだ。キャリア晩年にして代表復帰を果たした好調クアッリャレッラを軸とした攻撃陣は脅威です。中盤を形成する3ボランチも質が高かった。

支配率やシュート数などのスタッズを見ても互角の勝負をしたサンプ。しかしインテルもこの日は果敢に攻めまくった。特にペリシッチから始まる攻撃は良かったと思います。前回のラピード・ウィーン戦でも輝いていたペリシッチ。去就問題から一転、残留が決まって吹っ切れたのかもしれない。ラウタロのプレーも日に日に良くなってきている。ゴールに直結しなくとも、可能性の感じるプレーが多々見られました。

先制点もペリシッチの仕掛けから生まれました。相手陣内深くまで切り込んでの折り返しに合わせたのが大外からのダンブロージオ。久々の気持ち良いゴールシーンでした。ゴール後の仲間達の祝福が手荒すぎる(笑)みんな喜びを爆発させていた模様です^^

73’ 1-0
高報酬の案件多数!未経験でも月収30万円が目指せる!

先制した束の間に失点を喫してしまった。新加入のガッビアディーニが混戦からこぼれたボールを広い決められた。恐らくガッビアディーニのシュートを止めていても、その前にサンプの選手が倒されていたのでVARかなんかでPKを取られていただろう。インテルのウィークポイントでもある、サイドからの揺さぶりに反応が遅れて、ゴール前で自由にさせてしまう現象がまたも起きた。この弱点というか、対応を改善しないと同じような失点が増えてきてしまう。

75’ 1-1



それでもまたもその直後、僅か3分後だった。CKからのこぼれ球をナインゴランがダイレクトボレーで決めて勝ち越しに成功です!!ナインゴランの得意の位置からのゴールだった。かなり抑えて叩きつけるようなシュートは、コースを外さないと言う意識が伝わりました。あの場面で冷静にコントロール出来るのは素晴らしいです。フィジカル的にもメンタル面でも復調の兆しが見えたナインゴランでした。

78’ 2-1

総合ランキングサイトのコレダ
独自の調査により様々なジャンルの人気サイトをランキング!総合ランキングサイト「コレダ!」

もはや当然のように、この日もビッグセーブでピンチを回避したハンダノヴィッチの活躍も無視できない。まさに全員で勝ち取った勝利です。スコア以上に自信に繋がる勝利だった。

個人的にはSBをターンオーバー出来るのはチームにとってもかなりプラス要因だと思います。特に左サイドはヴルサリコがほぼ戦力となっていなかっただけにダンブロの負担が大きかったのかと。ソアレスと併用して起用できれば、SBの質も下げずに戦えます。

とにかくこれで公式戦3連勝、リーグ戦は連勝&久々の複数得点での勝利となりました。気がかりはイカルディの処遇だけです。この問題は出来るだけ早く落ち所を見つけてもらいたい。本人もクラブ側も歩み寄るしか解決策はなさそうですが・・・。

ローマとボローニャの試合が未消化ですが、順位変動はなく勝ち点4差で3位をキープしています。来週はミッドウィーク、中3日でラピード・ウィーン戦(2ndleg)があり、週末中2日でヴィオラ戦(A)のスケジュールになります。かなりハードな2週間だが、ELは次ラウンドへ進出、リーグ戦では順位キープ目指して乗り切って欲しいです!!

 

次回、2/21 ELラピード・ウィーン戦(メアッツァ)!!!

 

コメント