WE2021 ML39年目【2058-59】「#292 団結と自信」

スポンサーリンク
WE2021ML39年目
スポンサーリンク

2058-59 1月

シーズン2度目のミラン戦が始まります。開幕戦では土壇場で追いつかれて勝利を目前にして逃してしまいました。この試合はその教訓を元に最後の最後まで集中を切らさずに戦います。

リーグ戦折り返しのミラン戦は主将の直接FKを最後まで守り切り勝利を挙げました。開幕戦と同じような展開になりましたが堅守を貫き通せた事に満足しています。守備陣に賛辞を贈らねばなりませんね。

 

21節パルマ戦はマイエッロの2戦連続となる直接FKが炸裂し先制します。その後もホイルンド、ジェッリと追加点を重ねていき3-1のスコアで勝利しました。

 

今節は最多スクデット回数を誇る強者ユヴェントスとの一戦です。前回対戦ではフロジノーネが大金星を挙げて勝利出来ましたが、当然この試合は厳しい展開を覚悟しています。それでも何とか喰らいついて・・・!!

2度目のユヴェントス戦は壮絶な点の取り合いとなりました。緩く甘い守備を付かれて2点を失ったフロジノーネですがホイルンドのゴールで1点差に追い上げます。しかしバスケスからのスルーパスに超反応したディバラが決めて再び2点差に。それでも終盤にガッリターノが鮮やかにミドルを突き刺してフロジノーネも喰らい付きます。ですがまたもディバラに決められて勝負あり。決定力の差と守備の不甲斐なさが露呈した試合でした。

 

KITARO監督:「ユヴェントス戦は反省すべき点が多くあった。しかし我々は立ち止まることなく次の試合に臨まなければならないんだ。古巣インテル戦??彼らは全てを知り尽くしたチャンピオンだ。おそらくは難しい試合になるだろう。だが勝てない相手じゃない。今季我々はミランにもユーヴェにも勝利したのだからね。」

 

昨季王者インテルとの試合が始まります。インテルの2トップにはルカク&エスポージトが入りアンカーには中村俊輔が起用されています。ほぼベストメンバーを揃えてきたインテルは本気モードですね・・・。

結果は僅差でインテルに破れてしまいリーグ戦連敗です。ムヒタリアンからの極上のアシストを受けたルカクが冷静に流し込んだゴールが決勝点になりました。内容では決して劣っていたとは感じておらずチャンスも作れていたのですが、やはりゴールに結びつけられないのが今のフロジノーネです。

 

24節は6位ボローニャ戦です。好調な相手ですがこの試合先発を飾ったロッキがドッピエッタの活躍を見せてチームの連敗を止めてみせました。パフォーマンスの波が激しいブラジルの神童ですが、この試合のようにハマった時は脱帽のプレーを見せてくれます。こういった選手の見極めは難しいですね・・・。

 

1月 ベスト11&戦績

今月の先制は3勝2敗となりましたが、リーグ3強相手に1勝2敗は些か物足りず・・・。せめて引分けに持ち込むくらいの意地を見せなければ。また仕切り直して2月に臨みます。

 

2058-59 2月

25節はラツィオ戦です。難敵を相手にしたフロジノーネですが内容的にも満足のいく勝利でした。暫く10位前後を彷徨っていますがこの勝利をキッカケに上位進出を狙います。

 

今節は名門ローマ戦です。前回対戦ではスコアレスドローに終わりましたが、この試合では新たな試みとしてシステム3-5-2で挑みます。トップ下にレイニエルを置き、2トップにはホイルンド&ロッキを起用します。果たして・・・。

初の試み3-5-2で挑んだローマ戦は劇的な幕切れで勝利しました。内容的にも優勢に進めていたフロジノーネですが先制はホームチームのローマでした。ですが74分にホイルンドが同点ゴールを叩き込むと、後半AT91分にバルドグジが劇的な逆転ゴールでネットを揺らしフロジノーネのドラマティックな勝利に終わりました。難敵ローマ勢2連戦を勝ち抜いたフロジノーネは、間違いなくチームが団結し自信が備わってきたように思います。

 

マイエッロ:「この試合の結果には到底満足出来ないよ。僕らは勝たなきゃいけなかったんだ。前回もスペツィアには勝てていない??彼らは決して諦めなかったね・・・だがそれは僕らも同じなんだ。本当に悔しいよ・・・。」

 

ブレシャニーニ:「リーグ2位のチーム相手に僕らは勇敢に立ち向かったよ。勝てていれば尚のこと良かったね。2点差を追いつかれた??そこはチーム全体の課題だよ。守備陣が責められる事じゃない。次の試合に向けて気持ちを切り替えなきゃね。」

 

今月最後の試合はナポリ戦です。10節の前回対戦では1-1で引き分けでしたが今のフロジノーネには自信が漲っています。(リーグ戦2試合引分け中ですが・・・)根拠のない自信かも知れませんが、ベストメンバーを揃えた時のチームはどの強豪にも引けを取らない戦いが出来るはずです。

強敵ナポリ相手に会心の勝利です。均衡が破れたのは後半に入ってからでした。54分にホイルンドが先制点を挙げると、終盤79分にダメ押しとなる2点目をブキャナンが決めて勝負あり。5節以来の6位に浮上しました。

 

2月 ベスト11&戦績

今月はラツィオ、ローマ、ナポリに勝利して、スペツィアとアタランタに引分けました。何とももどかしい戦績です。無傷の5連勝も狙えたのでは??と思ってなりません。ですがこれがフットボールなんですよね・・・。

 

 

NEXT「破竹の連勝街道&スクデット圏内」!!!

 

 

コメント