WE2020 ML9年目【2027-28】「#54 C.ロナウド引退」

スポンサーリンク
WE2020ML9年目
スポンサーリンク


今シーズンも全日程が終了しコペンハーゲンは見事リーグ3連覇を成し遂げました。

先ずは今シーズンの成績から見ていこう。


3Fスーペルリーガ 順位表

圧倒的なまでに独走し続け優勝を果たした今シーズン。総得点、総失点共にリーグトップの数字を叩き出した。得失点差を見れば如何にコペンハーゲンだけが別次元の強さを誇っていたのかがお分かり頂けるだろう。

そして就任期間3シーズンの成績も見ていこう。

25-26シーズンは途中からの就任のため実力で勝ち取ったとは言い難い。しかし就任2年目、3年目のシーズンは紛れもなく実力で掴み取った結果で、名門復権を果たせたと言っても良いだろう。

やはり悔いが残るのがCLでの戦いです。特に今シーズンは満を持して挑んだだけにベスト16と言う結果には失望を隠せません。しかし今のコペンハーゲンにはCL8強、4強に進めるだけのポテンシャルを十分に秘めていると確信している。近い将来必ず4強に名を連ねてくるだろう。

ゴールランキング

2年連続30得点を記録して得点王に輝いたエスポージト。現在26歳と全盛期に差掛かり、ワールドクラスのFWの一人と言っても過言では無い。

アシストランキング

アシスト王にはAGFのザック・ダンカンが獲得。惜しくもアシスト王に届かなかったフース・ティルも数字以上の活躍を見せてくれました。

個人タイトル

シーズンベスト11

シーズンベスト11にはコペンハーゲンから3選手が選出された。得点王のエスポージトを始め、チーム2位の得点数のオルセン、アシストランキング2位のフース・ティル。個人的には飛躍的に成長を遂げ、得点、アシスト両方をコンスタントに結果を残したスタセヴィッチも選ばれて欲しかった。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

CL&EL 結果

コペンハーゲンはCLベスト16で敗れ去ったが、その後の結果を一気に見ていきます。

昨季に続きバルセロナがCLを制覇し前人未踏のCL連覇を成し遂げた。恐るべき強さだ・・・。ファイナルの相手は国内最強を誇るバイエルン。準決勝まで圧巻の強さを見せてきたが、バルセロナの前では為す術なく敗れ去った。”レジェンド”メッシが晩年を迎えても尚この強さ。凄まじいとしか言いようがない。

ELではリヴァプールが初優勝を飾った。2年連続でELファイナルに進んだミランだったがまたしても初制覇は持ち越された。

アニメ観るなら<U-NEXT>

クラブランキング更新

29位→20位(9ランクアップ!!!)

遂にトップ20にまで登りつめたコペンハーゲン。リーグ3連覇がジャンプアップに繋がったのだろう。今季のCLで4強くらいまで進んでいればトップ16に食い込めたかも知れない。

トップ16

1位はもちろんバルセロナ。CL連覇を成し遂げればそう簡単には陥落はしないだろう。2位と3位が入れ替わり、アーセナルが8位から2ランクダウン。ドルトムントは4ランクアップと遂げた。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

引退試合

毎年引退試合は普通に行われてきましたが、特別記事に載せることはしませんでした。

しかし今季の引退選手が軒並みビッグネーム揃いなので引退試合の模様を載せたいと思います。

先ずは何と言っても長らくサッカー界のトップに君臨し続けてきた”クリスティアーノ・ロナウド”が遂に引退を表明。さらにはネイマール、サラー、アザール、マネなど名だたるワールドクラスが現役を退く。クラシック選手ではロマーリオとバティも引退するらしい。頭が混乱します(笑)

因みにML9年目時点の主な引退選手の年齢は以下の通りです。

  • クリスティアーノ・ロナウド 43歳
  • アザール 37歳
  • ネイマール 36歳
  • マネ 36歳
  • サラー 36歳

普段は引退試合はスキップするのですが、今季は普通にプレイしました。何せ”世界選抜”のようなもんですから。

オールドボーイズは1トップにロナウド、左にネイマール、右にサラーという夢の共演が実現した。一番の驚きはRSBのカンテ。普通にヴェッラッティとボランチを組んでほしかった・・・。背番号にも水を差す事態が。ティアゴとロナウド逆だろ・・・。今後はこう言う細かな部分も改善して貰いたいです。そして控えにもビッグネームがズラリ。アザール、マネ、シルバ、ロマーリオ、バティ、モラタ。パネェっす(笑)

対するコペンハーゲンはいつもの【3-4-3】ではなく【4-3-3】で臨みます。当然ながら勝ち負けは重要ではないので、普段絶対に起用しないようなフォーメーションでやらせてもらいます。と言うか中盤から前線にかけて全て攻撃的選手を並べただけですが(笑)特に中盤の3人は全てOMFで起用。機能するはずも無いがセレモニーなので楽しければそれで良しです。

結果は空気を読まずにガチガチの展開でコペンハーゲンが勝利してしまった・・・(笑)しかし引退試合とは思えぬハイレベルな内容でとても楽しかったです。

今作の評価すべき点は、こうした引退した選手が翌シーズンに即転生転生するわけですが、特にビッグネームはML開始時に所属していたチームに再び入団するところです。前作ではメッシやロナウドなどが一度引退し転生すると縁もゆかりもないクラブに入団したり、最悪の場合その他や未所属に放置状態でしたから。個人的にはかなり大きな改善が今作には見られたと思っています。

 

次回、「欧州各国リーグ結果」!!!

ロゴ画像

ハイキュー!! TO THE TOPONE PIECE STAMPEDE鬼滅の刃

まずは31日間無料体験

U-NEXT
 

コメント

  1. ちーふぃ より:

    はじめまして。

    いつも更新を楽しみにしています。

    今回のアップデートでエスポージトにリアルフェイス搭載ですね!
    10年目のマスターリーグも楽しみにしています。

    • 木た郎 木た郎 より:

      コメントありがとうございます!

      エスポージトのリアルフェイス搭載まだ知りませんでした!
      モチベーションが爆上がりです(^o^)

      節目の10年目、今しばらくお待ちください!