WE2019 ML19年目【2036-37】「ELベスト16 vsロコモティブ」

スポンサーリンク
WE2019ML19年目
スポンサーリンク


今シーズンも残り3ヶ月になりました。ブンデスに戦いの場を移して4年目になりますが、年々バイエルンの強さが増している気がします(笑)現在ニュルンベルクは2位に付けているものの、首位バイエルンとの差は10P以上離されております。バイエルンの大失速が無い限りニュルンベルクの逆転優勝は厳しいです。しかし可能性が残っている限りは全力で戦いますし、2位を守り抜く事が重要であり最低条件となります。

新生活をおトクに♪最大110,000円キャッシュバック実施中!さらに初期工事費が実質無料!【auひかり】


2036-37シーズン 3月

第26節 vsハノーファー(A)

1-2 ○ 得点者 ディアス、エスポージト

 

第27節 vsヘルタ・ベルリン(H)

3-2 ○ 得点者 エスポージト、エスポージト、アンパドゥ

 

第28節 vsフランクフルト(A)

現在リーグ戦4連勝中のニュルンベルクには勢いがあります。宿敵と言えども負ける気がしません。もっと早くこの状態になっていれば優勝争いも演じられたのだが・・・。とにかく連勝を途絶えさせないように確実なプレーで勝利しましょう。

フランクフルトも意地を見せました。そしてニュルンベルクはホームにも関わらず不甲斐ない戦いをしてしまった。連勝を意識すると勝てなくなるのは何でだろう??シーズン序盤以来の連勝は「4」でストップしてしまった。

今やRWGのポジションを不動のモノとしたトーレスに急成長イベントが発生です。この覚醒で総合値を一気に80台半ばまで上昇してもらいたい。

28節フランクフルト戦の敗北により、首位バイエルンとの差は今季最大の「20」にまで開き、残り2ヶ月を残してバイエルンの優勝が決まりました。恐らく過去最短での優勝を果たしたバイエルンの強さは尋常ではなかった。


ELベスト16 vsロコモティブ・モスクワ(A)

1stleg

ELベスト16の相手は近年の急成長著しいロシアの強豪ロコモティブ・モスクワです。ベスト32のパリSGに続きベスト16でも”格上”となる相手だ。ちなみにクラブランキングは20位。まずメンツを確認するが、チームの核となるのが2年前の世界年間最優秀選手のマスチェラーノだろう。攻守に於いて重要な役割を担っている。加えて1トップのパレデスも危険な存在です。とにかくフィジカルお化けで並のCBでは振り切られるだろう。2人3人で抑えこむしかなさそうだ。一方ニュルンベルクはこの試合、攻撃の核となる中島とエスポージトが不在・・・。代わりに出る選手に期待しよう。

この結果は予想以上!!!アウェーで2-0は上等です。この試合先発に抜擢されたペドロが本職のCFで躍動し先制点という結果も残しました。元々能力は高く、CFの中では一番の総合値を誇ります。さらにトーレスの追加点も効きました。しかしまだ半分、気は抜けません。ホームでの2ndlegはもう一度気を引き締めて挑まなければなりません。

◆初回送料無料◆気になりだしたその体重にメタボメ茶

ELベスト16 vsロコモティブ・モスクワ(H)

2ndleg

運命の2ndlegが始まります。2点のアドバンテージを持つニュルンベルクは、しっかりと戦えば高確率で勝ち抜けられます。気になる相手のスタメンだが、右サイドに小笠原を起用してきた事意外は基本的には1stlegと変わっていない。しかし鹿島のレジェンドは決して侮れない存在だ。しかもベンチにはパウミエリが控えているじゃありませんか。ダービー・カウンティから移籍してきたようです。最後まで気の抜けない厳しい戦いになりそうだ。

結果は1-1に終わり、最後までシビれる展開だったが無事ベスト8に進出です!!!前半29分、パレデスに先制点を奪われるが、この試合の守備陣は落ち着いていました。その後は攻め込まれるも、追加点は許さず堪え忍んだのが、結果エスポージトの同点ゴールを呼び込んだのだと思います。CL制覇の実績もあるチームに勝てたと言う事は大きな自信となりました。

話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】
ダイエットの心強い味方!満足度89%の大人気商品!
総合ランキングサイトのコレダ
独自の調査により様々なジャンルの人気サイトをランキング!総合ランキングサイト「コレダ!」
ELベスト16 結果

優勝候補筆頭のリヴァプールやバルサは盤石な戦いを見せ難なくベスト8へ進出。セルティックやカーン、ヘントも格上相手に圧勝を収めている。

飲んで痩せると話題のメタボメ茶!初回送料無料

ELベスト8 対戦表

ニュルンベルクの対戦相手はPAOKに決定です。決勝トーナメント3戦目で初めて格下との対決となった。他にはリヴァプール×フェイエセルティック×バルサなど好調なチーム同士の対決も実現です。

気になりだしたその体重にメタボメ茶!970円

3月ベスト11

今月はエスポージトと中島が選出されました。攻撃陣を牽引する2人が期待通りの活躍を続けています。リーグ戦では優勝は逃してしまったが、ELでのタイトルに向かって全力を尽くします。


2036-37シーズン 4月

第29節 vsヴォルフスブルク(H)

0-2 × 得点者 なし

 

第30節 vsライプツィヒ(A)

リーグ戦2連敗中のニュルンベルクはライプツィヒと対戦します。上記でも書いた通り、今季残り2ヶ月を残して優勝を逃してしまいモチベーションを維持するのに難しい状況です。ここまで来たらELでの戦いに完全集中出来るように、早いこと”リーグ2位”を確定させておきたい。

久しぶりに気持ちの良い勝ち方をしました。前半に先制するも、1-0の膠着状態が続いたが、終盤に怒濤のゴールラッシュ。この試合今季2度目のハットトリックを達成したエスポージトは、得点王争いに踏みとどまりました。連敗を「2」で止め、大きく2位確定に近づきました。



第31節 vsドルトムント(H)

前回対戦で惜敗を喫したドルトムント戦です。前回の”借り”を返すのは勿論のこと、この試合は2位3位の直接対決となり、ここで勝てば99.9%ニュルンベルクの2位は決定します。

前回のリベンジを見事果たせました!!ドルトムント守備陣がめっちゃ言い争ってます(笑)何はともあれ虎の子の1点を守り抜いたニュルンベルク守備陣を称えたい。そしてリーグ2位がほぼ決まりました。


 

ELベスト8 vsPAOK(A)

1stleg

さぁ準々決勝です。相手はPAOKと言うギリシャのクラブチームだが、情報は全く無く未知数極まりない存在だ。クラブランキングは170位とかなり低めだがここまで残っている事を考えるとダークホースという言葉がしっくり来る。中でも要注意人物と言えばドウグラス・コスタでしょう。かなり脅威な存在となり得るため決して油断は出来ない。

やはりクラブランキングが示す実力通りの戦いには決してなりませんでした。本当にギリギリの勝利です。得点を奪えたのは覚醒中のトーレスの1点のみで互角な内容でした。AGを奪えたとしても、2ndlegはアドバンテージを意識せずに戦わなければいけませんね。

あなたの声を聞かせてください★i-Say

ELベスト8 vsPAOK(H)

2ndleg

2ndlegはまさかの3トップ総入れ替えを余儀なくされたニュルンベルク攻撃陣。エスポージトはコンディション最悪で欠場、中島とトーレスは極度の疲労蓄積によりベンチを余儀なくされました。この日先発起用のマクシマン、ピナモンティ、ラザロの組合わせは初の試みではあるがきっと期待に応えてくれるはずです。ベンチワークも重要になってくるこの試合は総力戦で挑みます。

1stlegでも脅威の存在だったドウグラス・コスタにこの試合先制点を奪われイーブンとされるが、直後にマクシマンのゴールで再び優位に立つニュルンベルク。1-1でも十分勝ち進めるが、後半ATにペドロがトドメの一発を突き刺し試合終了です。合計スコア3-1でベスト4進出を果たしました。


ELベスト8 結果

他の3試合の結果ですが、まず驚きなのがバルサと互角の試合を演じて僅差での勝利をモノにしたセルティックです。更に同じく1点差で勝敗が決したヘント×カーンもカーンに軍配が上がりました。リヴァプール×フェイエは点の取り合いの末リヴァプールがベスト4へ進出を果たしました。

無料会員登録

ELベスト4 対戦表

遂にベスト4が揃いました。一見したらリヴァプールの優勝は揺るぎないような面々です。幸いとも言うべきかニュルンベルクの相手はカーンに決定。もう1試合のセルティック×リヴァプールも非常に興味深い一戦となります。


4月ベスト11

今月は2ヶ月連続でエスポージトが選ばれ、さらにアグメも初選出となった。リーグ戦では十中八九2位を確保し一先ず最低限の成績は残せそうです。そして躍進中のELの戦いもベスト4にまで勝ち進んでいます。ここまで来たら、必ずファイナルに進出し優勝を懸けた戦いに挑みたい。



次回、ヨーロッパリーグ「タイトルの行方」!!!

 



 

コメント