WE2019 ML13年目【2030-31】「リーグ戦の行方」

スポンサーリンク
WE2019ML13年目
スポンサーリンク


今シーズンも残り1ヶ月となり、今季は例を見ないほどの熾烈な優勝争いを繰り広げています。現在ダービー・カウンティは僅差で2位に付けている。勝ち点はアーセナルと並んでいるものの、得失点差で負けている。3位はマンチェスター・シティでこちらも僅差で優勝を十分に狙える位置だ。ダービー・カウンティの優勝条件は残り3戦を全勝し、アーセナルが取りこぼすのを願うしかない。シンプルでいいじゃないですか。悲願達成に向け最後の正念場です。


2030-31シーズン 5月

第36節 vsマンチェスター・U(H)

3連勝が必須なダービー・カウンティはマンチェスター・Uとの一戦を迎えます。残り3試合、惜しむことなく戦力をつぎ込み、攻撃的な戦いをしなければならない。

先ずは1勝、完璧な試合でした。終始試合を支配したダービー・カウンティは先制、中押し、ダメ押しと効果的な得点を挙げ、危なげなく勝ちを収めました。しかし首位アーセナルも勝利したため順位は変わらず2位のままです。

最短翌月に高額キャッシュバック!

難敵マンチェスター・U戦の勝利と引き替えに、エース・ピナモンティがこのタイミングで負傷…。この一勝に対して大きな代償を被ってしまった。

So-net光プラス

第37節 vsサウサンプトン(A)

1-2 ○ 得点者 ナルシン、ゴミス(1位↑)

この試合もダービー・カウンティは勝利し2連勝。気になるアーセナルはドロー!!!この結果遂に、遂にダービー・カウンティが首位に躍り出ました!これで最終節を勝利すれば悲願のプレミア制覇です。



最終節 vsフラム(H)

運命の最終戦、ダービー・カウンティはピナモンティ抜きで戦う事になります。1トップは決して見劣りしないバロテッリを起用。総合的にはむしろピナモンティより上です。他のメンツもほぼベストメンバー。勝って無条件で優勝を掴み取ろう!

ダービー・カウンティ初優勝!!!ザニオーロとナルシンの連続ゴールで前半の内に2点を先制する最高の試合展開に。後半も守備陣が奮闘し鉄壁の守備を見せフラムにとってはノーチャンス。最後はバロテッリがトドメの一発を突き刺した!ダービー・カウンティを率いて8年目、遂に”世界最高峰”プレミアリーグを制覇しました^^

最大4万円キャッシュバック【So-net光の申込はこちら】

5月ベスト11

宣言通りに今月は3戦全勝を果たし、今季最多の6選手が選ばれた。感無量です!!!

この流れで今季の結果を見ていきましょう!


スポンサーリンク

2030-31シーズン成績

プレミアリーグ順位表

優勝の必須条件と自分自身に課したノルマ「3戦全勝」を見事に達成したダービー・カウンティが悲願の初優勝を飾りました。結果的にアーセナルは最終節も引分けたため、勝ち点差が「4」まで開きました。3位はシティ、4位トッテナム、5位にはユナイテッドと続きました。チェルシーは相変わらずの低迷を抜け出せず11位、さらに驚くべき事に名門エヴァートンが降格圏ギリギリ回避の17位となった。

無制限機能盛りだくさんのレンタルサーバー

ゴールランキング

今季完全移籍を果たしたピナモンティはシーズンを通して精細を欠き、6年連続の得点王にはなれず。7位のウエストハムから謎の選手が得点王に。突出した選手が居なくとも優勝を果たせたとは不思議なものです。


アシストランキング

こちらもダービー・カウンティの選手が一切見当たらない(笑)アシストが少なければ自ずと得点力も低下します。今後に向けての課題の一つですね。ってか憲剛ヤバすぎ(笑)

個人タイトル

なんと!!!結局ピナモンティがMVPかと思いきや、リッキー・アルバレスが最優秀選手に選ばれました!めっちゃ嬉しい^^今季30試合出場し、9得点5アシストの成績。決して際立った成績ではないが、月間ベスト11に5回選出(チーム最多)直接FKも2本決め、優勝に大きく貢献したと言えます。


シーズンベスト11

ダービー・カウンティからはリーグ最多の5選手が選ばれました。優勝したので当然ですかね。得点王を逃し、得点ランクでも5位のピナモンティが選ばれたのは驚きです。中盤を独占したザニオーロ、リッキー、ナルシンの選出には納得です。パウミエリに関しては勿論嬉しいが、少々疑問ですね(笑)

チーム内各種ランキング

これまではピナモンティのワンマン感が否めなかったダービー・カウンティだが、今季はピナモンティの衰えが見え隠れ。決定力の高さが強みのピナモンティだが、上の数字を見ても分かるように、90本シュートを打って入ったのは僅かに18本で決定率が2割。今までなら入って当然なシーンでもことごとく止められた印象が強かったです。これにイライラしてプレーが雑に淡泊になって、結果ゴール欠乏症へ…。この悪循環は絶対に回避しなければならない。プラス材料としてはナルシン、リッキー、ザニオーロの若き三銃士の台頭が著しく、安定した結果も残せてきました。新たなチームの”顔”になりつつありますね。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=356SV1+C37VZM+3250+BW0YB&a8ejpredirect=https%3A%2F%2Fwww.video.unext.jp%2Flp%2Faffiliater%3F

CHAMPIONS LEAGUE・FAカップ 結果

ファイナルでレアルを破り、トッテナムが初優勝。これで3季連続でプレミア勢の優勝が続きました。

 

4年ぶりに2回戦敗退を喫したFAカップの優勝はリーグ2位のアーセナルが輝きました。

クラブランキング更新

14位→11位(3ランクアップ!!!)トップ10目前の11位です。8位からプレミア勢が独占しているが、トップ5からは相変わらずの顔ぶれです。長らく居座っている上位陣に風穴を開ける日もそう遠くないだろう。

SkyBetチャンピオンシップ順位表

昇格・降格クラブ

昇格組はリーグ戦の順位通りにウルブスが勝ち取った。降格組はハダースフィールド、サウサンプトン、スウォンジーの3クラブ。

 

次回、欧州各国リーグ結果!!!

 

 

 

 

コメント