セリエA【2019-20】第13節 vsトリノ

スポンサーリンク
インテルミラノ
スポンサーリンク


代表ウィーク明けの第13節、アウェーでトリノとの一戦です。先に行われたユーヴェ×アタランタ戦はユーヴェがギリギリの逆転勝ちを収め首位を堅守。インテルも絶対に取りこぼせない。


スポンサーリンク

第13節 インテル×トリノ

インテル【3-5-2】 トリノ【3-5-2】

結果 3-0 ○ 得点者 INTラウタロ、デフライ、ルカク


雨で泥濘んだ最悪のピッチコンディションの中行われたこの試合、インテルはトリノ相手に完勝を収めた。

最初の得点シーンは12分、相手GKのロングボールをインテルが中盤で競り勝ち跳ね返し、そのセカンドボールに反応したラウタロが一気に抜け出しGKと1対1を冷静に決めて早々に先制点を奪った。さらに32分、ショートCKからラウタロからのボールを大外を走り込んだデフライが押し込み追加点。前半を2-0で折り返した。ラウタロは前半で早くも1G1Aをマークし好調を持続させている。しかし前半で負傷したバレッラが交代を余儀なくされてしまうアクシデントがあった。

後半に入ってもインテルは主導権を渡さず試合をコントロールしていく。すると55分、試合を決定づけるトドメの一発をルカクが決めて勝負あり。

インテルはリーグ戦4連勝となり、来週にはCL5節プラハ戦を迎えます。

負傷したバレッラだが、どうやら1ヶ月~1ヶ月半の離脱となり年内は絶望・・・。センシ、バレッラという中盤の要の2人を失うことになったインテルは、先に戻ってくるであろうセンシが復帰するまでは厳しい戦いが予想されます。そして12月はSPAL、ローマ、ジェノア、ヴィオラ戦が予定されており、ミッドウィークにはCL最終節バルサ戦も控えている。

間もなくセンシが戻ってくるとは言え、トップフォームに戻るまでを考えると年内は非常に厳しい戦いが続くだろう。メンツで言えば中盤は昨季と同じ顔ぶれで戦わなくてはならない。

毎シーズン12月になるとに大失速をするインテル。今シーズンはもはやユーヴェとの一騎打ちとなり互いに譲らず連勝を重ねてきている。ここまで来れば最後の最後までスクデット争いを演じて欲しい。そして10年ぶりのスクデットを獲得してもらいたい。そのためにも負傷者が出ているこの状況に加え、魔の12月~1月を乗り越えてもらいたい。

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

順位表



次回、12/28 CL第5節 vsプラハ!!!



コメント