WE2021 ML7年目【2026-27】「#47 欧州各国リーグ結果」

スポンサーリンク
WE2021ML7年目
スポンサーリンク


リーガエスパニョーラ順位表

レアルマドリードがリーグ連覇を達成です。今シーズンはリーグ最多得点&最小失点で僅かに1敗のみと、他を圧倒した凄まじい強さを見せました。久保やウーデゴール、ロドリゴ、ヴィニシウスなどが最盛期を迎えている事から、来シーズンもレアルの強さは群を抜くと予想されます。

セリエA順位表

ユーヴェがリーグ連覇、通算5度目のスクデット獲得です。何より驚くべき事は40歳を超えたC.ロナウドが得点王&MVPに輝いている事です。衰え知らずのロナウドは来季もユーヴェのエースとして活躍するのでしょうか。そしてセリエAで快進撃を見せたのが”古豪”パルマです。ローマやナポリらを抑え4位タイでフィニッシュ。惜しくもCL出場は逃しましたがELでの戦いが注目されます。

ブンデスリーガ順位表

『絶対王者』バイエルンが初めて追い詰められたシーズンになりました。しかし最終節で逆転優勝を果たし前人未踏のリーグ7連覇です。痛恨の逆転を許したドルトムントからは、ホーランドが3年連続となる得点王に輝きました。

リーグアン順位表

PSG強し。リーグ3連覇、通算6度目の優勝です。30代目前のムバッペが2年連続となる得点王に輝く活躍を見せました。このままPSGのエースとしてキャリアを終えるのか、「かつてのエース」ネイマールのように新天地を求め新たなキャリアを進むのか、来夏のマーケットは注目です。

エールディヴィジ順位表

アヤックスが王座奪還に成功です。宿敵PSVは優勝争いを演じるも一歩及ばずリーグ連覇とはなりませんでした。得点王に輝いたクデュスは中盤の選手ながら13得点を挙げました。現実世界でも逸材と評される選手らしく、今後も注目していきます。

リーガNOS順位表

ベンフィカがリーグ5連覇達成です。今シーズンは”ニュースター”ゴンサロラモスという選手が台頭しMVP&得点王を獲得する活躍を見せました。ベンフィカの1強時代は今後も続くのでしょうか。

ジュピラープロリーグ順位表

クラブ・ブルッヘがリーグ連覇を成し遂げ通算4度目の優勝です。初優勝を目指したヘントは僅かに及ばず2位フィニッシュ。MVPを獲得したクレピンディアッタはガーナ出身の選手らしく、サイドを主戦場としたアタッカーのようです。要チェックですね・・・!

3Fスーペルリーガ順位表

リーグ3連覇のコペンハーゲンは国内では敵なし状態です。今シーズンの順位表を見て思ったのが、リーグ屈指の強豪に数えられるブレンビーが10位で終わっている事です。そして万年最下位のリーンビーが5位に入っている事から、ML7年目にしてこのリーグは大きくパワーバランスが変わってきていると言う事でしょう。

ライファイゼン・スーパーリーグ順位表

コペンハーゲンと同様に国内無双状態と化しているのはバーゼルです。リーグ6連覇を達成した今シーズンは、2位との差を「27P」も付けての独走優勝を果たしています。これまではアルトゥール・カブラルが絶対的エースとして君臨してきましたが、今シーズンはウォルフスウィンケルが台頭しそのまま得点王&MVPを獲得します。個人的にも好きな選手なので今後も活躍と成長を注目して見ていきます。

スコティッシュ・プレミアシップ順位表

セルティックがリーグ7連覇達成です。ML1年目から王座を守り続けているのはバイエルンとセルティックの2チームだけです。オドソンヌエドゥアールが2年ぶりに得点王に輝き、チームを優勝へと導きました。ビッグクラブでの活躍も見たい気もしますが・・・。

ロシアン・プレミアリーグ順位表

5年ぶりの優勝となったのがゼニトです。CSKAモスクワが一時代を築き上げるもそのサイクルは終わりを迎えました。再びゼニトが覇権を握るのか、スパルタクモスクワが阻止するのか、来季もロシアリーグから目が離せません。

スポル・トト・スュペル・リグ順位表

ベシクタシュが王座奪還に成功です。今季2位で終えたバシャクシェヒルや4位のトラブゾンスポル辺りが今後「3強」に割って入ってくる存在になるでしょう。

 

 

NEXT 新シーズン始動「チェコの逸材」!!!

東京卍リベンジャーズ キャラクターブック 天上天下

【その他(書籍)】東京卍リベンジャーズ キャラクターブック 天上天下 | アニメイト
※商品POPに掲載されている特典情報は商品のご紹介となり、  特典の配布をお約束できるものではございません。 ※特典の有無に関しましては、商品ページ下側にございます特典情報をご確

 

コメント

  1. kfks34 より:

    お疲れ様です!

    いきなり経営陣から「コーヒーなんか飲んでる場合か!」と怒号が飛ぶピリピリムード満点のスタートになりましたが、終わってみれば力を見せ付けたシーズンになりましたね!しかし何て調子の良い経営陣なんだ(笑)

    #43のメッシ画像が小さいアイコンだけでも凄い存在感が。流石メッシ(!?)

    CLは惜しくも準決勝で終える結果になりましたが、ここでも頂点を獲れるだけの力を持っているのは間違いないですね!

    アヤックスのモハメド クデュスは私の世界線でも活躍していて、登録がMFながらCFの総合値も80くらいあり、得点力・チャンスメーク力の両方の高さが光っています(私はCFとして対峙する事が多いです)。やはり現実でも逸材と注目されるだけの選手なんですね・・・!

    • 木た郎 木た郎 より:

      ありがとうございます!

      僅か数年前までは2部に居たことを完全に忘れている経営陣ですw
      あくまでも”挑戦者”というスタンスの監督と、1部が当たり前になりどんどん欲が増して行く経営陣という、個人的妄想を働かせたストーリーを意識しております^^;

      今シーズンは結果的に2位に大差を付けて優勝出来ましたが、常に優勝争いを演じれなければ契約解除も視野に入れて自分を追い込みましたw
      CLではチェルシーにまたも阻まれさらに因縁が深まりました・・・。来季はCLに照準を合わせて戦おうと思っています・・・!

      仰るとおりメッシの存在感は半端ないです・・・(笑)
      現実世界ではレンタルなど有り得ない話しですが、逆にMLならではの状況を楽しんでいます!

      クデュスはやはりCFで起用されているのでしょうかね・・・。中盤であの得点力はかなり魅力的です・・・!
      現実世界での評価とML世界の評価を比較するのも面白いかもですね^^

  2. こめ より:

     ブログアップお疲れ様です!
     優勝おめでとうございます!不穏なスタートでしたが、蓋を開けてみれば大差をつけての優勝、素晴らしいですね!前作マスターリーグではPSGが圧倒的でしたが、今作ではバイエルンが国内では圧倒的ですね!ホーランドには頑張って欲しいものです。
     2度目の優勝ということで、また新たに新加入の選手も増えるのではないでしょうか!夏の移籍市場も楽しみです!
     マジョルカは難易度をレジェンドに上げた初年で無冠に終わり、KONAMIの力を思い知らされました……なんとか監督を継続させてもらったレジェンド2年目もスタートダッシュにつまづいている状態です。ここからはフィジカルが重要になってくるので、いよいよ能力値が高めの選手を大枚叩いて獲得しなければいけないかと思うと億劫になってきますね。
     キタローさんの方はウィカムで素晴らしいシーズンを送られているので、監督の移動は今のところなさそうですね!ワンクラブマンとなりそうなエスポージトの活躍も楽しみにしています!

    • 木た郎 木た郎 より:

      ありがとうございます!

      本当にシーズン序盤は焦りました・・・。やはりエスポージト&ラスパドリの状態がチームのバロメーターと言っても過言ではないです!
      複数年契約の最初のシーズンでタイトルを獲れてホッとしております・・・!

      バイエルンは本当に国内無双してます。レヴァンドフスキが晩年に差掛かっても新たな補強を手堅くしているので、ほぼ死角なしです。
      対抗馬筆頭のドルトムントはホーランドやサンチョなどワールドクラスを揃えているので、来季も注目して見ていこうと思っています!

      仰るとおり、2度目の優勝で過去最高に資金が潤っているので、以前から気に懸けていた選手への交渉をしようと思っています!

      こめさんの方のマジョルカも個人的に気になっておりました!
      COMレベル「レジェンド」で、尚且つ厳しめの縛りの中で戦っている事自体凄すぎます!!
      直ぐに好きな選手を補強しがちな自分が恥ずかしいですw
      過酷なリーガで戦い抜く上で実力者の補強をすべきか悩み所だとは思いますが、続報を楽しみにしております!

      私の方はウィカムで3年契約を交わしたので最低あと2年は指揮を執りますが、実を言うと、その後のシーズンは個人的な縛りとして「シーズン無冠=進退問題」としております。(ブログにも書いておりません)
      とは言えどこで指揮しようが愛弟子エスポージトは獲得するのですが・・・。
      当面はウィカムでの栄光を求め頑張ります!!