セリエA【2018-19】第31節 vsアタランタ

スポンサーリンク
インテルミラノ
スポンサーリンク


今節はインテルの苦手としているチームの一つ、アタランタ戦です。もはや中堅クラブとは言い難く「強敵」との一戦です。3位インテルからミラン、アタランタ、ローマ、ラツィオ、トリノと8位まで激戦模様のCL出場圏争い。4位ミランがユーヴェに負けた事でこの試合必ず勝って4位、5位をまとめて引き離したい。


 

インテル

4-2-3-1

イカルディ

ペリシッチ ベシノ ポリターノ

ブロゾ ガリアル

アサモア シュク ミランダ ダンブロ

ハンダノヴィッチ



アタランタ

3-4-1-2

ゴメス イリチッチ

パシャリッチ

カスターニュ フロイラー デローン ハテボール

パロミーノ ジムシティ マンチーニ

ゴリーニ

無料・簡単登録で毎月ポイントもらえる【パソコンモニター募集】

結果 0-0

 

やはりアタランタは強かった。またしても勝ちきれず、スコアレスドローで勝ち点1。

この試合はとにかく攻める意識が強く、実際決定機を数回作ったが決めきれず。特にイカルディが抜け出してGKと1対1の場面は決めて欲しかった…。ループ気味に放ったシュートは浮ききれずGKにブロックされてしまった。

しかしこの日の攻撃自体は悲観する内容ではなかった。イカルディが戻ってきたことで、外一辺倒の攻撃にならず、連動した流れる攻撃が出来ている。

だが前半20分過ぎくらいにブロゾヴィッチにアクシデントが起きてしまった。筋肉系のトラブルだろう。早々に引き下がりナインゴランと交代。次節は格下フロジノーネ戦なので存分に回復に努めてもらいたい。

変わって入ったナインゴランも悪くなかった動きでした。チャンスにも絡めていたし本来のパフォーマンスに戻りつつあります。インテルの流れの時間帯にせめて1点取りたかったですね。入っていてもおかしくなかったし。しかしこの試合のGKゴリーニはかなり冴えていた。ビッグセーブ連発で神がかっていました。両チーム好GKがいるとやはり締まったゲーム展開になりますね。インテルもピンチがなかった訳ではないが、紙一重で凌いだ感じ。本当に互角の勝負でした。

結果的にはスコアレスドローとなったが、御の字ではないだろうか。

4位ミランが敗北して勝ち点を伸ばせず、5位アタランタとの差も縮まらず、1試合少ない6位ラツィオも引分けで7位ローマと順位が入れ替わっている。

なんとか3位を目指すインテルにとってここからが正念場になります。週末にフロジノーネ、来週末にローマ戦、次週はイタリアダービーというスケジュールになっています。

今節3位4位5位6位が軒並み勝ち点を伸ばせなかったが7位ローマだけが勝利し差を一気に縮めてきて十分4位以内を狙える位置に付けている。インテル戦に対するモチベーションは相当高いはず。激戦必至ですな。ユーヴェは完全にCLに傾いているので逆にチャンスがあるかも知れない。ましてやダービーまでにユーヴェの優勝が決まれば尚更だ。

とにかく今季も最後の最後までCL出場権の争いはもつれそうです。まずは次戦のフロジノーネ。ここを確実に勝ってローマ、ユーヴェ戦に挑みましょう。

高報酬の案件多数!未経験でも月収30万円が目指せる!

第31節終了時点 順位表

1.ユーヴェ 84P

2.ナポリ 64P

3.インテル 57P

4.ミラン 52P

=====CL=====

5.アタランタ 52P

6.ローマ 51P

=====EL=====

7.ラツィオ 49P(1試合未消化)

8.トリノ 49P


次節、4/14 vsフロジノーネ(A)!!!

コメント