【インテル】2021-22 vsシェリフ【CL】

スポンサーリンク
CL【2021-22】
スポンサーリンク

インテル スタメン

ラウタロ ジェコ

ディマルコ ビダル バレッラ ダルミアン

ブロゾヴィッチ

バストーニ デフライ シュクリニアル

ハンダノヴィッチ

グループステージも折り返しに入り、今節はアウェイでのシェリフ戦です。前にも書きましたが、グループステージの突破を確実にするためにはこのシェリフ2連戦を2勝しなければなりません。この試合は週末に「ミラノダービー」を控えているので主力を一部温存してくると思っていました。しかしスタメンはほぼベストメンバー。CLの重要度が伺えます。

前半は幾つかの決定機は訪れるも、ポストに嫌われたり相手GKの好セーブなどで無得点で折り返します。しかし攻めに攻めまくっているインテルはいつ得点してもおかしくない状況でした。

そして迎えた54分、ブロゾヴィッチの切り替えしからの見事なミドルが突き刺さり待望の先制点を奪います。そこからシュクリニアル、サンチェスと得点を重ね、終盤1点は失うも盤石な試合で勝利を手にしました。

開幕2連勝(内レアルに勝利)を飾った今大会きってのダークホースだった相手に、結果して2連勝出来たことはグループステージ突破に向けて大きく前進したと思います。7Pで2位のインテルは次節シャフタール戦ですが、この試合で勝利すれば、レアルがシェリフに負けない限りインテルの突破が確実になります。もしも引分けたり負けたりしてしまうと、俄然シェリフが優勢になってしまうので、何としてもシャフタール戦には勝って欲しいです。

イタリアの至宝 契約延長

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

インテルは先日のラウタロ・マルティネスに続き、今やイタリアの至宝とまで言われているニコロー・バレッラの契約延長を2026年まで更新と発表しました。今夏も噂レベルですがチェルシーやマンチェスターCなど獲得に乗り出す記事も見ましたので、本当に良かったです・・・。

次に契約更新を行うのはディマルコと言われています。下部組織出身のディマルコは今シーズンから本格的にトップチームに定着していますが、ペリシッチとのポジション争いにも決して負けておらず、シモーネの信頼を掴んでいると思います。今後のインテルに欠かせない存在になってもらいたいですね。

エリクセン退団??

続いてはエリクセンの情報です。色々と記事にもなっていますが、今後エリクセンの状態が回復しても、ICDを装着したままでは規定によりイタリアでのプレーは不可能だそうです。ICDに関しては12月に解除の可否を確認するテストを行うようですが、古巣のアヤックスが復帰に関心を示しているようです。インテルとしては当然戦力として考えていたでしょうが、エリクセンの現状、今後を考えれば本人の意向を優先するでしょう。例えインテルを去る事になっても応援していきたいですね。

ダービー直前

日本時間11/7日曜日28:45キックオフのミラノダービーが目の前に迫っています。今シーズン無敗を続けるミランと直接対決です。相手はテオが怪我で欠場するようですが、チーム全体のクオリティと完成度はかなり高く、厳しい試合が予想されます。

インテルは公式戦直近5試合で4勝1分で状態としては良いと思います。シェリフ戦を休養したチャルハノールには個人的にかなり期待を寄せています。ここまでのパフォーマンスは決して悪くはないものの、期待していたとは言い難いのが本音です。やはりこのビッグマッチで結果を残し、自身の決断が正しかったと言う事を証明してほしいです。

コメント