「クレージーな噂」

スポンサーリンク
インテルミラノ
スポンサーリンク

f7″>https://news.yahoo.co.jp/articles/12ec1e5dbe0a61591e10b5fdb8a566b62e0d99f7

新シーズンの移籍マーケットが開幕したが、中でも関心を独占しているのは「メッシの去就問題」だ。

もしメッシが退団した場合、その新天地の筆頭に挙げられているのが恩師ベップ率いるマンチェスター・シティ、或いは元バルセロナのネイマールや同郷のディ・マリアが在籍するPSGだ。そしてその候補の中にインテルの名前も常に並んでいる。

前会長のモラッティ時代からメッシ獲得の噂が絶えず囁かれていたが、それはあまりに具体性がなく夢物語になっていた。しかし今回はメッシ退団に現実味が帯びてきた事もあり、かつてないほど多くの情報が飛び交っている。

最近ではメッシの退団表明を受けた後にはインテルが4年総額2億6000万ユーロ(約325億円)でオファーを準備していると、地元メディアで報じられていた。

しかしインテルSDアウリシオの答えは「NO」だ。

アウリシオSDはイタリア「スカイスポーツ」の取材に「我々はメッシと契約するつもりはない。このようなクレージーな噂がどこから出てきたのかもわからない」と答えたという。

そのうえ新シーズンもコンテが続投した場合、彼の要望する選手の中にメッシは含まれていない。

それでも絶えず噂が残っているのも事実であり、江蘇蘇寧や中国政府の支援を得て移籍資金を準備などと言う噂も出ている。

いずれにしてもインテルが獲得すべきはメッシではなく、コンテが好むハードワークをこなすアスリートタイプだ。

カンテ、ビダル、ジルー、エメルソン、コラロフ、この辺りが現実的な補強リストに挙げられている。

インテルはコンテの要望にどこまで応えられるかこの先の状況を見てみよう。

 

コメント